『デュエル・マスターズ』2017年のテーマは“原点回帰”!小林由美子さん、佐藤せつじさん、豊永利行さんも登壇【戦略発表会&新アニメ制作発表レポ】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年2月10日(金)、東京・秋葉原で小学生に大人気のトレーディングカードゲーム(以下、TCG)『デュエル・マスターズ』の2017年度戦略発表会と、新アニメの制作発表が行われました。いまや20代・30代にも多くのファンを持つ本シリーズの今後について、タカラトミーを始めとする関係各社のキーパーソンが登壇。新アニメ制作発表には、新主人公・切札勝(ジョー)役の小林由美子さん、デッキー役の佐藤せつじさん、キラ役の豊永利行さんも登場してトークを披露しました。

 

 

最初の登壇者は、タカラトミーのカード企画部部長・佐戸憲一さん。佐戸さんは現在、TCGの売れ行きが非常に好調であることに触れながらも、2014年にはその業績があまり振るわなかったことを明かしました。

 

そんな本シリーズの転換期とも言える2014年を振り返ったのは、同じくタカラトミーカード企画部のマーケティング担当・尾形俊幸さん。尾形さんは2015年度の戦略発表会で掲げた「No.1ボーイズホビーに戻す!」という方針をおさらいしつつ、その結果報告を行いました。

 

2016年は店頭販売金額やユーザー数など、各分野で大きく躍進。尾形さんはその理由を、シリーズ開始から15年に渡り、常に新規層を獲得できているからではないかと分析しました。この結果を受けて2015年の目標である革命は大成功したと結び、小学生を始めとした幅広い層にもっと親しまれる『デュエル・マスターズ』を目指すと宣言。

 

その実現のために、2017年は“原点回帰”がテーマになるとのこと。新シリーズ名もずばり「デュエル・マスターズ」で、マンガやアニメ、TCGとイベントが生まれ変わっていくと語りました。

 

尾形さんは生まれ変わるものとして、まずマンガを話題に挙げました。切札勝太を主人公にしたシリーズも最終回を迎え、その人気が「コロコロコミック」連載作品のなかでも1位だったと読者の反応を報告。また、新主人公への期待が人気へとつながっているとも話し、小学館コロコロコミック編集部プロジェクトリーダーの西手成人さんへとバトンタッチします。

 

西手さんは始めに、マンガ・アニメの新タイトルが『デュエル・マスターズ』になると発表。こちらも原点回帰の想いが込められた直球なタイトルとなりましたが、このリニューアルは2年も前から準備していたとのこと。西手さんは本作について「デュエルマスターとは何なのか、どんな人物がなれるのか」という点をフォーカスすることに触れつつ、新主人公のジョーが繰り出す「ジョーカーズ」なる新たなクリーチャーの存在を明かしました。

IMGP0472

 

ここから発表会の話題はTCGへと移ります。TCGの開発を担当しているウィザーズ・オブ・ザ・コーストの日本オフィス代表である真木孝一郎さんは、「主人公であるジョー君のパワーが強すぎるので、それに負けないようにTCGも生まれ変わります」と宣言。その内容を5つのポイントに分けて説明しました。

 

まずは“最上レアリティ”の変更。これまではレジェンドカードと呼ばれるものが最上レアリティとなっていましたが、この名称がマスターカードへと変わります。マスターカードは従来のカードよりも細かく箔入り加工がほどこされるようで、“マスターW(ダブル)ブレイク”なる新たな能力を持っているとのこと。気になるその詳細は残念ながら公開されませんでしたが、続報は「コロコロコミック」の紙面で追って発表されるとのこと。

 

上から2番目のレアリティ“SR”にも変化が。こちらは新たにシークレット版が封入されるようになるそうです。

 

“カードデザイン”は、イラストとカードテキストの範囲が広がるよう新フレームに。

 

“能力”の変化とは『デュエル・マスターズ』のカギとなるギミック、シールド・トリガーを指すとのこと。スーパー・シールド・トリガーという名前のみの発表にとどまり、こちらも詳細は「コロコロコミック」で明かされるそうです。一体どんな内容になるのか気になるところ。

 

その後は改定されるカードの封入率や、新シリーズ初となる商品の発売日を告知。いわゆるブースターパック的位置づけの「DM第1弾 ジョーカーズ参上!!」と、NEWヒーローデッキ2種ともに3月25日(土)の発売となります。

 

ここで再び尾形さんが登壇し、今後のイベント施策について説明がありました。イベントは大きく分けて2つ、ライトユーザー向けの誰でも楽しめる店頭大会「デュエマフェス」と、競技志向のプレイヤー向けに『デュエル・マスターズ』史上初の「ランキング制」を導入すると発表。レギュラーパックが発売された週末には、賞品が3倍になる「超デュエマフェス」を開催するとのことです。そのほか、1年を通したグランプリ&チャンピオンシップなども実施。ちなみに、ランキング制度についての詳細は2月26日(日)に生配信される「全国大会日本一決定戦」でアナウンスされます。

 

発表会のラストを締めくくるのは、スペシャルゲストとして登場したコロコロコミック編集長・まこ殿様。まこ殿様はコロコロコミックの40周年と『デュエル・マスターズ』の15周年を記念して、コラボ企画が決定したと発表。最後は「デュエマ、最高ー!」とコール&レスポンスで幕を引きました。

 

続いての新アニメ制作発表には小林由美子さん、佐藤せつじさん、豊永利行さん、そして小学館集英社プロダクションのプロデューサー・長谷川友紀さんが登壇。それぞれに挨拶を済ませた後は、MCから小林さんへジョーはどんなキャラクターなのかと質問がありました。

 

小林さんは「とても純粋で、勝太が好きだったものが苦手になったりしています。でも『デュエマ』が好きで一生懸命なところは父親に似ているかな」と笑顔。同じく自身が演じるデッキーについてコメントを求められた佐藤さんは「『◯◯でございますか?』と執事みたいなしゃべり方をします。ジョーに振り回されて、色んな感情を出すキャラクターです」と応えました。また、豊永さん曰くデッキーには特別な能力があるんだとか。それを受けた佐藤さんが「あれはすごかったね」と同意する一幕もありました。

 

そんな豊永さんが演じるのは、ジョーの親友かつ兄貴ようなキャラというキラ。「ジョーから憧れを受けながら、自身もヒーローに憧れている小学5年生。小学生を演じるのはプレッシャーでした」とジョークで場を和ませると、小林さんから「ちゃんと小学生だったよ」とお墨付きが与えられました。

 

長谷川さんはアニメ新シリーズについて「いい意味で15年の歴史を忘れ、裸一貫で挑みたい。等身大の小学生が主人公なので、子どもたちも自己投影ができると思います。ストーリーは何話から見ても楽しめますが、1年を通して謎も散りばめている。初回のアフレコ時、キャストさんにはその謎の全てを説明してあります」とその取り組みを語りました。

 

その流れで話題がアフレコ現場の様子へと移ると、「(キャスト)皆のデュエマ愛がすごい」と小林さん。佐藤さんと豊永さんも、登壇するまでは裏手で『デュエマ』をプレイしていたそうです。「今までそんなに話したこともなかったのに、『せっちゃーん、それブレイクしちゃうの?』って言っちゃいました(笑)」と豊永さん。佐藤さんも「『デュエマ』ならすぐ仲良くなれるよね」と和気あいあいな様子を見せました。

 

マンガ『デュエル・マスターズ』作者の松本しげのぶ先生が手がけた最新話に合わせ、小林さんがアフレコを披露するコーナーもありつつ、最後はジョーのキメ台詞である「ジョー、デッキー!」のコール&レスポンスで一体感を高めて終了。TCG、アニメともにますますの盛り上がりを予感させる『デュエル・マスターズ』から今後も目が離せません!

 

 

DATA

DMSD-01 ジョーのジョーカーズ

DMSD-02 キラのラビリンス

  • 希望小売価格: 各900円(税抜)
  • 発売日: 2017年3月25日(土)
  • 商品サイズ: (W)140mm×(H)180mm×(D)45mm
  • 商品重量: 約87.8g
  • 対象年齢: 10歳~
  • 取扱い場所: 全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、カードショップ、インターネットショップ等

 

 

関連情報

 

 

TM & (C) Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery