タカラトミー「X-TAG(エクスタグ)」プロジェクト続報!新世代のリアルバトルロイヤルシューティングゲームを体感!!

更新日:2019年6月14日 18:35
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

完全受注生産で、玩具業界でも珍しい“クラウドファンディング”を採用! ゲームの世界から飛び出したリアルバトルロイヤルゲーム「X-TAG(エクスタグ)」の“メディア限定先行体験会”のレポートです。

 

 

xtg-001

同プロジェクトでは、予約個数が1万個に到達した場合に商品を生産する“クラウドファンディング”型の商品開発・販売方法を採用(完全受注生産)。商品の開発には、人気動画クリエイター集団の「KAMIWAZA」のメンバーやYouTubeでマルチな才能を発揮する若手クリエイター「Sera」も協力しています。専用の予約サイトもオープン! 2019年3月1日(金)には、デモプレーが可能な「α版」を体験できるメディア限定先行体験会が開催され、タカラトミーのプロジェクトメンバーによる実演も行われました。

 

xtg-002

「X-TAG」は、1987年に同社から発売され、好評を博した光線銃「サバイバーショット」の流れをくむ商品です。

 

 

xtg-003

「衝撃が体を突き抜ける!赤外線体感サスペンス!」というキャッチコピーで売り出された衝撃体感光線銃「サバイバーショット」。「サイココンバーター」(対戦相手から発射された光線を受信するセンサー)が付いたベルトを頭に装着し、弾(光線)が当たると「ブルブルブルッ!」という衝撃がくる画期的なギミックを備えたアイテムで、「10回被弾すると負け」というルールでした。

 

 

xtg-004

こちらは、2003年に発売された二代目! 「サバイバーショットリボルブ」です。黄色いラインはパワーアップした証!?

 

 

xtg-005

そしてこちらが、本日初公開の「α版」。まだ途中段階のグレーモデルなので、本体のデザインが違っていたり、パーツがむき出しの状態だったりします。

 

xtg-006 xtg-007

「X-TAG」に装着可能なスマートフォンのサイズは、厚み:13ミリ以内、幅:58~85ミリ。このサイズであれば、スマートフォンをケースに入れた状態でも装着することができます。

 

xtg-008 xtg-009

専用アプリをダウンロードします。「X-TAG」で遊ぶ際には、専用アプリのダウンロードが必要です。専用アプリは無料でダウンロードできます。お手持ちのスマートフォンをエクスタグ本体に装着し、スマートフォンとエクスタグをリンクさせます。

※アプリのダウンロードには別途通信料がかかります。

 

 

xtg-010 xtg-011 xtg-012 xtg-013

さて、ここは都会のビルの屋上階。「X-TAG」本体にスマートフォンをセットすれば、現実世界がバトルフィールドに切り替わります。使用する武器を選んで、GPS機能を使ったレーダーで敵の居場所をサーチ! さあ、シューティングバトルの始まりです!

 

xtg-014 xtg-015 xtg-016

「X-TAG」の赤外線発射口は、最大飛距離50メートルまで到達可能! 敵からの赤外線のヒットを感知するセンサー「フルレンジセンサー」(銃の真上にある筒型の透明パーツ部分)は、初代「サバイバーショット」から引き継がれている特徴的なギミックのひとつ。360°全方位からの攻撃を感知することができるので、敵の横や背後から狙う戦法もアリだ。

 

xtg-017 xtg-018 xtg-019 xtg-020 xtg-021

ハンドガン(単発アクション)、マシンガン(連発アクション)、レーザーガン、手りゅう弾などを駆使して戦い、武器やアイテムを入手してバトルを有利に展開! サバイバルゲーム感覚で楽しむことができます。

 

xtg-022 xtg-023 xtg-024 xtg-025

照準を合わせて、ロックオン! 「フルレンジセンサー」が赤外線を感知すると命中(3回被弾したら負け)です。攻撃をヒットさせて、ランキング1位を目指しましょう!

 

xtg-026

バトル中の戦績よってランキングが表示されます。そのランキングによってポイントをゲットすることができます。

 

xtg-027

ゲットしたポイントでガチャを回して、アバターをカスタマイズすることができます。

 

xtg-028

「X-TAG」は、最大64人での対戦が可能です。チャット機能を搭載しているので、「チームバトル」時に仲間同士で作戦を立てて、より戦略性の高いバトルを展開することもできます。

 

xtg-029

「X-TAG」のプロジェクトメンバー、タカラトミー ニュープロダクト事業部 プロデュース課 課長 大沢 孝さんからのコメント:今どきの子どもたちの意見を採り入れたおもちゃを作りたいと思ったことから始まり、1年以上前にプロジェクトを発足。若者たちの代表としてクリエイターのみなさんからいろいろ意見を聞きながら「X-TAG」の商品開発を行っています。「X-TAG」は、大人も子どもも屋外に出て思いきり遊ぶ機会も少なくなった最近、現実世界でバーチャルな対戦バトルができる(サバゲー感覚で)デジタルガジェット。今回ご紹介いただいている「α版」は、まだ全体の40%の完成度なんですが、かなりの手ごたえを感じています。2019年2月28日(木)から受注が開始され、「タカラトミーモール」で購入できるようになっています。予約が1万個に達した場合、商品化が決定します。みなさん応援よろしくお願いします。

 

「X-TAG」予約受付ページ

 

DATA

X-TAG(エクスタグ)

  • サイズ:(W)215ミリ×(H)203ミリ×(D)74ミリ
  • 対象年齢:15歳以上
  • 商品内容:本体×1、取扱説明書×1
  • 使用電池:単4アルカリ電池×4
  • 発売元:タカラトミー
  • 取扱い場所:タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」
  • 価格:5,000円(税別) ※2個で9,000円(税別)のお得なセットもあります。
  • 予約期間:2019年2月28日(木)12:00~5月7日(火)13:00 ※現在予約受付中
  • 目標予約数:1万個 ※予約が1万個に達した場合、商品化決定します。
  • 発送時期:2019年12月末発送予定

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C) TOMY (C)X-TAG PROJECT

2019年3月4日(月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery