コトブキヤや青島文化教材社などが共同展開する新プロジェクト『ティタノマキア』が発表!試作原型が初展示!!【第58回静岡ホビーショー(2019)速報レポート】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年5月8日(水)~12日(日)、静岡市のツインメッセ静岡で開催される「第58回静岡ホビーショー(2019)」。本特集ではその会場から、出展メーカー各社の新製品や注目アイテムを速報写真レポートでお届けしていきます(⇒まとめページはこちら)。

 

ここでは、会場で初発表された新プロジェクト『ティタノマキア』アイテムをご紹介します。

 

『ティタノマキア』とは、「ガンダムホビーライフ」のスーパーバイザーを務めるモデラー・NAOKI氏が原作・企画・世界観設定・デザイン・総合プロデュースを担当し、青島文化教材社やコトブキヤなどのホビーメーカーが共同展開するオリジナルコンテンツ。会場では、青島文化教材社ブースでメカプラモ「1/48 グリムリーパー エーデルシュタイン」「1/48 リーパー フェンリル」、コトブキヤブースでキャラクタープラモ「1/12 ゲイルハウンド」「1/12 ストラトハウンド」の試作原型がそれぞれ展示され、注目を集めていました。

 

青島文化教材社

 

 

 

 

コトブキヤ

 

 

 

「第58回静岡ホビーショー」には、ほかにも多くのホビーメーカーが出展。さまざまな新製品や注目アイテムが展示されています。別記事でご紹介しますので、ぜひ下記リンク先のまとめページからチェックしてくださいね!

 

⇒第58回静岡ホビーショー(まとめ)

 

関連情報

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery