“睡眠”をエンタメ化するゲーム『ポケモンスリープ』が発表!歴代のトレーナーが集結するアプリゲーム『ポケモンマスターズ』も公開!ポケモン事業戦略発表会2019レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2019年5月29日(水)、都内某所にて「ポケモン事業戦略発表会」が開催されました。ポケモン代表取締役社長の石原恒和さんを始め、パートナー企業各社からゲストスピーカーが登壇し、次世代のポケモンエンターテインメントプロジェクトについて明かされた本発表会の模様を速報レポートでお伝えします!

 

発表会は石原社長の挨拶によって開幕。ポケモン初となるハリウッド映画『名探偵ピカチュウ』が公開中であることを切り口に、その原作の続編がNintendo Switchで開発中であることに触れました。また、2019年秋には渋谷PARCO内に「ポケモンセンターSHIBUYA」がオープン予定であることも発表。黒を基調としたシックな内装や、ミュウツーのフィギュアが展示されることが明かされました。

 

ゲームフリークの増田順一さんは、「ポケモンが集まる場所」をテーマとしたクラウドサービス『ポケモンホーム』を発表。ハードの枠を超え、これまでにプレイヤーが育ててきたポケモンを連動させることが可能となります。スマホさえあれば、他のユーザーとも気軽にポケモン交換ができるようになるとのこと。2020年初旬のローンチが予定されています。

 

位置情報サービスを利用し、歩くことをエンタメ化した『ポケモンGO』の次は、「睡眠」のエンタメ化を目指す『ポケモンスリープ』が発表に。任天堂の丸山和宏さんからは、『ポケモンスリープ』と連動する新たなデバイス「ポケモンGO plus+(プラスプラス)」がお披露目されました。「ポケモンGO plus+」では、睡眠時間を計測することによる様々なしかけを用意しているとのこと。

 

発表会終盤には、iOS・Android用アプリとして開発が進められている『ポケモンマスターズ』が発表。本作は、歴代ポケモンシリーズに登場したトレーナーとパートナーのポケモンたちが集結し、活躍するタイトルとなります。詳細は2019年6月に発表予定とのことですが、スクリーンには開発途中のムービーも公開されました。

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)2019 Pokémon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery