「ガンダム×Jリーグ」コラボガンプラが一斉に展示!名波浩氏のトークショーも!!「機動戦士ガンダム40周年 J.LEAGUEコラボレーション」プレス発表会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2020年1月29日(水)、JFAバーチャルスタジアムにて「機動戦士ガンダム40周年 J.LEAGUEコラボレーション プレス発表会」が行われ、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として『機動戦士ガンダム』と「J.LEAGUE」およびJ20クラブ(2019シーズン・2020シーズンのJ1クラブ)のコラボレーションが発表されました。

 

▲発表された『機動戦士ガンダム』と「J.LEAGUE」コラボのキービジュアル。Jリーグロゴカラーのガンダムがハロをドリブルし、敵陣を駆け抜けています!

 

コラボ内容としては、第1弾としてJ.LEAGUEコラボガンプラである「HG RX-78-2 ガンダム Jリーグ Ver.」および「ハロプラ ハロ Jリーグ Ver.」を2月8日(土)より発売し、その後は各クラブのオリジナルガンプラを順次投入していくとのこと。また、MS化した各クラブのマスコットを起用したTシャツやタオルの商品化も予定しています。

 

J.LEAGUE コラボレーションガンプラ

▲こちらがコラボの皮切りとなる「HG RX-78-2 ガンダム Jリーグ Ver.」。なんとJ56クラブ(J1、J2、J3)のエンブレムデカールが付属します!

 

▲そして同時に発売される「ハロプラ ハロ Jリーグ Ver.」。フェイスペインティングをイメージしたシールがなんとも可愛らしい!

 

▲2体を組み合わせればこんなシュートシーンも!

 

J20クラブ コラボレーションガンプラ

▲今回のコラボの目玉のひとつである各クラブとのコラボガンプラの機体は、21世紀に放送された『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『機動戦士ガンダム00』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』からのチョイスになっています。

 

▲各クラブのコラボガンプラは順次発売されていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンダム仕様 各クラブマスコットビジュアル

▲MS化した各クラブのマスコットたちもお目見え。どのMSとコラボするかは各クラブの要望を反映しているとのこと。

 

▲横浜・Fマリノスはガンダム、浦和レッズはシャア専用ザク、大分トリニータはズゴックといった具合に、チームカラーなどの特徴を反映したチョイスがなされています。

 

また、発表会では元日本代表・名波浩氏によるトークショーも開催。名波氏は展示されたコラボガンプラを眺めながら「サンフレッチェの紫が斬新ですね。柏レイソルの黄色も映えてる!」と楽しげに話していました。

 

▲発表会に登壇した(左から)BANDAI SPIRITS 藤原孝史氏、ゲストの名波浩氏、創通 難波秀行氏、同 田村烈氏。

 

▲「山我もいいですね。湘南もカッコいい」と、コラボガンプラの出来栄えに感想が止まらない名波氏。

 

なお、Jリーグコラボレーションガンプラは「FUJI XEROX SUPER CUP 2020」開催会場(埼玉スタジアム2002)ならびにJリーグオンラインストアで2月8日(土)から販売が開始され、順次Jリーグクラブ、全国スポーツグッズショップでも取り扱う予定です。なんとしても全チームコンプリートしたいところですね!

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS
(C)1996 CONSADOLE
(C)1998 VEGALTA
(C)1992 K.A.FC
(C)2001 URAWA REDS
(C)1996 .H.K.REYSOL
(C)1998 F.C.TOKYO
(C)2005 K.F.CO.,LTD.
(C)1992 Y.MARINOS
(C)1999 Y.F.SPORTS C.
(C)1993 SHONAN.BM
(C)2011 YAMAGA
(C)S-PULSE
(C)2015 JUBILO
(C)1995 N.G.E.
(C)1995 GAMBA
(C)2018 CEREZO OSAKA
(C)2005 VISSEL KOBE
(C)1992 S.FC
(C)2014 S.D.CO.,LTD.
(C)O.FC


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery