新・合体シリーズ「アトランジャー」設定画稿とストーリーが公開!プラモデル用内部フレームの検討画稿も!

更新日:2020年7月20日 11:09
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

青島文化教材社の「合体シリーズ」が復活! アオシマ96周年記念企画として展開される「新・合体シリーズ」第1弾、「アトランジャー」の開発用画稿と設定画稿が公開! さらに、「アトランジャー」だけでなく謎の少女「アトリ」もプラモデル化されることが発表されました。初公開となる今回の画稿から、どのようなキットになるのか、ヒントが見つかるかも……!?

 

 
 

「合体アトランジャー」のひみつをだいこうかい!

「アトランジャー」開発用画稿

プラモデル開発時に描かれた、アトランジャーとアトリのプロモーション検討イラストや設定案のイラストを大公開! 力強い意匠を全身にまとうアトランジャーをさらに力強く、そして現代的な可動の実現とプロポーションを両立させるべく検討が重ねられた様子がわかります。

 

▲こちらはプロモーションイラスト検討時のイラスト

 

▲アトランジャー初期案。少しずつバランスが違うアトランジャーたち。

 

▲アトランジャー準備稿。シールドのギミックなども注目です。

 

▲アトリ設定。よく見ると関節が……!

 

▲内部フレーム案。プラモデルの可動範囲がどのくらいなのか、ヒントがあるかも!?

 

「アトランジャー」決定稿

検討に検討を重ね、ついに決定稿が完成! 線画と彩色案を初公開! 大きく目立つ羽根のモチーフ以外にも、全身くまなく意匠が施された密度の濃いデザインとなっています。果たしてどのようなプラモデルとして姿を現すのでしょうか!?

 
●「アトランジャー」武器なし・羽根なし

 
●「アトランジャー」武器あり・羽根なし

 

●「アトランジャー」武器なし・羽根あり

 

●「アトランジャー」武器あり・羽根あり

 

ストーリー&キャラクター設定が公開!謎の少女アトリは女子高生!?

●ストーリー
遥か未来……長きにわたり決着のつかなかったアトランジャー率いるレッドホーク艦隊と暗黒大王との最終決戦が行われていた。
レッドホーク艦隊から繰り出すあらゆる兵器・必殺技を使っても暗黒大王は微動だにしない。満身創痍のアトランジャーは最後に残った神の力を使い「次元ゲート」を発生させた。暗黒大王が誕生した過去にジャンプするために。
暗黒大王のとどめの一撃を受け、半壊しながらもゲートを抜けるアトランジャー。後を追う暗黒大王もゲートのセキュリティを突破するため、変異。2体が抜けた直後にゲートは破壊され消滅した。

 

そして現在……ムー大陸高等学校に通う2年生、穂鷹アトリは学校の敷地内で見たことのない異形の小さな人形を発見する。いや、見えない力で引き寄せられたと言うべきか。そして、この出会いがやがて起こる新たな戦火の扉を開く鍵になるとはアトリは思いもしなかったのであった。

 

▲アトランジャー(Atlanger)/古代アトランティス大陸で建造された巨大ロボット。

 

穂鷹アトリ(ほだか・あとり)/私立ムー大陸高等学校2年生で16歳。

 

スタッフ

  • 原作・企画・発売元:青島文化教材社
  • 企画・設計:ランペイジ
  • デザイン:貞松龍壱
  • 編集・プロモーション:はるばる
  • ホームページ制作・運営:イロコト、はるばる

 

DATA

合体アトランジャー

(C) アオシマ
イラスト:貞松龍壱


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery