「叡山電車700系(登場時カラー)」の叡山電鉄オリジナル仕様がトミーテックの「鉄道コレクション」に登場!叡山電鉄の出町柳駅で販売!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

トミーテックが製作した鉄道模型「鉄道コレクション 叡山電車700系(登場時カラー)」の叡山電鉄オリジナル仕様が登場! 2020年9月1日(火)から叡山電鉄の出町柳駅にて発売されます。

 

 

9年前に姿を消した懐かしいカラーリング!

700系は、1987年にデビューした車両で、登場時は「クリームとマルーン」の塗装でした。叡山電鉄以外で一般発売される「鉄道コレクション」では、デビュー間もない「吊り掛け駆動方式」時代をプロトタイプとしていますが、今回発売のオリジナル仕様では、車両正面および側面にロゴマークが追加され、「カルダン駆動方式」に改造された上でもなお、最後まで登場時のカラーで残った724号車を再現しています。

 

 

DATA

鉄道コレクション 叡山電車700系(登場時カラー)

  • 1/150スケール(Nゲージ)
  • 価格:2,500円(税込)
  • 2020年9月1日(火)5時30分発売予定
  • 販売時間:初発~終発(2020年9月1日(火)は5時30分~終発)
  • 販売ルート:出町柳駅

※今後開催されるイベント会場などでも発売されることがあります。
※その他状況により1人あたりの発売数が制限される場合があります。
※数に限りがありますので、なくなり次第販売終了となります。

 

700系車両について

700系車両は、1987年にデビューした両運転台車で、叡山電車初の冷房車です。ワンマン運転用として設計され、主に1両編成で運行されています。細かな仕様の違いにより、デオ710形(2両)、デオ720形(4両)、デオ730形(2両)の3種類に分かれています。

 

▲登場時カラー時代の724号車

 

そのうち、デオ720形は登場時、旧型車両デオ200形の機器を流用した「吊り掛け駆動方式」でした。2002年から2005年にかけて、京阪電車1900系の部品を再利用して「カルダン駆動方式」に改造され、空気バネ台車となり乗り心地も向上しています。

 

デビューした当時の塗装は「クリームとマルーン」でしたが、1993年より車両正面及び側面に叡山電鉄のロゴマークを追加。その後、2005年より順次、デザインを「新緑をイメージした黄緑」「山をイメージした緑」「川をイメージした青」「紅葉をイメージした赤」の4種類の帯色に変更され、デビュー当時のカラーリングは、2011年11月30日まで運行した724号車を最後に姿を消しました。

 

鉄道コレクションについて

鉄道コレクションは、トミーテックが鉄道模型Nゲージサイズ(1/150スケール)で展開するミニチュア鉄道のコレクションシリーズです。低価格で小さいながらも精巧な造りを持ち、別売の動力ユニットを組み込むことによって、本格的鉄道模型としても楽しめます。ブラインドパッケージ方式の通常品も現在第29弾まで発売。旧型車両についてはその当時の塗装で再現され、歴史的な資料としても注目されています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery