田舎に移住してスイカ育ててみた!<田舎暮らし特別企画>

どうも、編集部員Fです! じつは2019年の夏ごろに、田舎に移住していました(実家とは別の県)。空き家バンクで探していたら豪雪地帯にいい一軒家があったので豪雪地帯に移住。2019-2020の冬は暖冬で異常に雪が少なかったらしいんですが、それでも寒波が来ると結構降りました!

 

▲2020年の冬のワンフェスのときにちょうど大寒波が来て、取材から帰ってきたら家の前がえらいことに。このあと滅茶苦茶雪かきした。

▲雪かきするとこんな感じです。

 

そして、移住といえば家庭菜園と相場が決まっているので、家のオーナーさんに許可を取って家の裏でスイカを育てみました! 趣味=ホビーなので、家庭菜園もきっとホビー!

▲ちゃんとした畑で作ると思っていた方がいたら申し訳ないです……!

 

5月の頭からスタート。とりあえず近くのコメリで栄養がありそうな土、クワとジョウロ、黒皮スイカの苗などいろいろ買ってさっそく植えました。初期投資で結構な額が飛んでいく……!

▲土は何種類か混ぜたのですが、何を混ぜたかは忘れました。記事化するつもりなかったのでメモを取っていなかった……。

 

結構寒い地域で5月の朝はまだ冷えるのでビニールで霜対策。手間をかけると愛着がわきます。雨除けとしても活躍!

 

ちなみに、周りが山と田んぼばかりなので、カエルがよく出ます! 夏の夜はホントにずっと鳴いていますね。あと僕が苦手な蜘蛛も滅茶苦茶出る……! 郵便受けに大きい蜘蛛が巣を作っていたときは移住したことを後悔しましたね。それとカメムシも大量に出ます。11月ころかな? 家の外壁に大量にくっついていました(カメムシは大丈夫)。

▲クワの上で香箱座りのカエルをパシャリ

 

1カ月くらいするとだいぶ大きくなってきたので藁を買って敷きました。聞いた話によると、泥がつるや葉につかないようにするためらしいです。藁が予想以上に高くてビックリ! たぶん藁だけで最終的に3,000円くらい使ったはず。

 

6月くらいから花が咲きだして、6月28日についに実がつきました! 大雨でダメになった花もたくさんあったので、感慨深いですね!

▲雌花です。受粉前でも小さい実みたいなのがついているんですね。

▲受粉成功!受粉して5~10日くらい。

▲家の裏のトウモロコシ畑に燕が大量に……!

▲僕のスイカを狙っている顔をしています。

 

実が大きくなったので、カラスとタヌキ、キツネから守るためネットを張ることに。町内にはクマも出るのですが、僕の住んでいる地域には出ないらしいです。そういえば冬の夜にタヌキに出会いました! タヌキはこちらに気づいても全然逃げないんですね。3~4メートル先からずっとこちらを見ていました(写真撮っておけばよかった)。キツネも見かけましたが、キツネはすぐ逃げていきました。

▲日が当たらない箇所は色が薄いので回転させました。

 

7月はずっと雨だったので成長が遅れていたのですが、8月下旬についに収穫! 叩くと高い音がしたのでまだ早そうでしたが、つるのところが茶色くなってきたので収穫することに。ちなみに実は4つできたのですが、大きくなったのは1つだけ。2つは大きくなる前に腐って、もう1つは中玉サイズで成長が止まりました(食べてみたらまずかった)。

▲文句なしにデカイ!ギネス級(個人的に)です。生活感のある背景もグッド。

▲やはり少し皮が厚いですかね?味はそこそこでした。

 

あとで気づいたんですが、水をあげすぎていたかもしれません。収穫が終わったあとのスイカは放置してたんですが、晴れの日が続くなか2週間くらい水をあげていないのに葉がいい感じに成長していました。収穫前は、雨の日以外1日1回あげてたのでそれがよくなかったかも? 来年はトマトとか作ろうかなと思います!

 

スイカ1個のために購入した物

  • スイカの苗
  • クワ
  • ジョウロ
  • 栄養のある土(いろいろ)
  • 大きいビニール
  • ネット
  • 藁(大量)
  • ビニール&ネット用の支柱
  • HB-101(植物が元気になる液体。数本)
  • 農薬(買ったけど使わなかった)

 

10,000円以上は使っちゃってますね! 記事にしたから経費になると信じて……!

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る