史上初の変形ギミック搭載「ダブルアクショントミカビル」が誕生!「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2020」のりもの玩具部門1位受賞!トミカコラボなどもチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タカラトミーより、1970年の発売から今年2020年で50周年を迎えたダイキャスト製ミニカー「トミカ」シリーズの新商品として、変形ギミック付きパーキングビル「ダブルアクショントミカビル(50周年記念特別仕様)」が登場! 2020年10月17日(土)に発売となります。

※トミカ(ミニカー)は別売りです。

 

▲トミカがくるくる降りてくる「コンパクトモード」

 

「ダブルアクショントミカビル」は、「トミカ」シリーズ最長のロングセラー商品である「トミカビル」の最新作です。5階建てになったビルは「トミカビル」としては史上初となる変形ギミックを搭載し、「コンパクトモード」と「ダイナミックモード」の2つのレイアウトが楽しめます。なお、今回の「50周年記念特別仕様」パッケージは、より「トミカ」の世界観が楽しめるよう、接続どうろ、50周年記念ぬりえ、スペシャル動画アクセスチケットが付属する、50周年期間限定生産の特別なセットです。

▲走行ルートが変化し走っているトミカや駐車したトミカがよく見える「ダイナミックモード」

 

東京玩具人形協同組合が主催する「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2020」の「のりもの玩具(クルマ&トレイン)」部門で1位を受賞するなど、発売前から注目を集めています。

 

 

レイアウトの変化が楽しめる変形ギミック搭載!

「ダブルアクショントミカビル」最大の特徴は、2つのモードが楽しめる変形ギミックです。パーキングエリアの上2段がスライドオープンし、「コンパクトモード」から「ダイナミックモード」に変形します。モードによってエレベーターの出口が変わり、レイアウトやコースの変化を楽しめます。

▲2つのモードが楽しめる簡単変形ギミック

 

また、エレベーターは電動でも手動でも遊ぶことができ、「トミカ」が上部に上がっていく様子をいろんな角度から眺めて楽しめるよう、透明パーツを採用されています。さらに、パーキングスペースには「トミカ」を最大30台駐車することができ、自由に並べて遊んだり、お片付けにも活用できます。そのほかにも、「トミカ」が飛び出すシューターやノズルが動く給油スタンドなど、想像力を広げるさまざまな情景が散りばめられており、自由なストーリーで自分だけの街を創造しながら遊べます。

▲電動・手動の切り替え可能なエレベーター

 

▲最大30台の「トミカ」を駐車

 

▲2台同時発射できるシューター

 

▲給油などのごっこ遊びも楽しめる!

 

 

DATA

ダブルアクショントミカビル(50周年記念特別仕様)

  • サイズ:【コンパクトモード】W502×H360×D300mm/【ダイナミックモード】W705×H360×D395mm
  • 商品内容:本体(2階駐車場)、1階駐車場、3階駐車場、4階駐車場、4階カバー、5階駐車場、エレベーター、カーブレール(大)、カーブレール(小)、入口スロープ、可動ス
    ロープ、支柱(グリップ)、ストップバー、ノズル、屋上プレート、ラベル、取扱説明書、50周年記念特別仕様特典(接続どうろ、50周年記念ぬりえ、スペシャル動画アクセスチケット)
  • 使用電源:アルカリ単2電池×2(別売り)
  • 対象年齢:3歳以上
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:6,800円(税別)
  • 2020年10月17日(土)発売予定
  • 取扱場所:全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売り場、トミカ専門店「トミカショップ」、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など

※電池を使わずに手動で遊ぶことも可能です。

※50周年記念特別仕様製品は2021年9月まで生産の限定商品です。ただし、当商品の生産は予告なく終了する場合があります。

 

●「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2020」について

日本を代表する玩具メーカー33社自薦のクリスマス商戦向け新製品や最重点商品166点がエントリーし、これらを「幼児・知育玩具」「教育玩具」「男の子向け玩具」「のりもの玩具(クルマ&トレイン)」「女の子向け玩具」「女児ホビー(アーツ&クラフト)」「ゲーム・パズル」「バラエティ」の8部門に分けたうえで、おもちゃを販売している全国の小売業と問屋が、今年のクリスマス商戦で「特に売れると思うおもちゃ」「売りたいおもちゃ」に投票します。

 

 

連結して遊べる関連商品も!

●「スピードでコントロール! トミカアクション高速どうろ」/6,800円(税別)/発売中

スピードを切り替えて遊べる電動スロープがついたトミカがびゅんびゅん走る大きな高速道路! 出口コースからゲートに止まった「トミカ」を一斉発車で渋滞解消だ!

※使用電源:アルカリ単2電池×2(別売り)

 

●「トンネルくぐって!やまのぼりドライブ」/7,500円(税別)/発売中

コースにはトンネルやカーブがいっぱい!電動スロープを自動でのぼって、たくさんの「トミカ」がドライブコースをびゅんびゅん走りまわる!

※使用電源:アルカリ単2電池×2(別売り)

 

▲「接続どうろ」を使用した「トミカアクション高速どうろ」+「やまのぼりドライブ」+「ダブルアクショントミカビル」の連結イメージ(トミカは別売り)

 

 

イベントの人気コンテンツがアプリで楽しめる!「おうちでトミカ博・プラレール博」が登場

実在する会社の「おしごと」を疑似体験し、楽しみながら学べるキッズ・ファミリー向け社会体験型知育アプリ「FamilyApps(ファミリーアップス)」に、「おうちでトミカ博・プラレール博」が2020年10月14日(水)から登場します。

 

おうちで作ることができるアトラクションの工作動画や、トミカ博・プラレール博のステージで踊っていたダンス練習動画など、おうちの中でイベント気分が楽しめるコンテンツのほか、「トミカ」や「プラレール」でおうち時間がもっと楽しくなる、ダウンロードコーナーや商品を使った「やってみよう!」動画が配信されます。また、「おうちでトミカ博・プラレール博」のコンテンツをどれか1つ体験すると、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」でイベント記念商品を購入できます。

※画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合があります。

 

▲アプリダウンロード

 

DATA

FamilyApps(ファミリーアップス)

  • 提供会社:タカラトミーアイビス、ワオ・コーポレーション
  • 配信先:Google Play/App Store
  • ジャンル:教育・ごっこ遊び・親子向け(Google Play)/子ども向け・教育(App Store)
  • 価格:無料

 

 

「トミカ」50周年記念!さまざまなブランドとのコラボが展開!

「BEAMS」

「Camouflage=“Car”-mouflage(カモフラージュ)」をテーマに、さまざまなクルマのモチーフを落とし込んだオリジナルのカモフラージュ柄を特別にデザイン。カモフラージュ柄のフーディやキャップのほか、“トミカフォント”のTシャツやスウェット、クレイジーカラーのトミカ「スズキ ジムニー」などを展開。

 

  • 発売中
  • 取扱い場所:ビームスT原宿、BEAMS公式オンラインショップ

 

「NEW ERA」

今年で創業100周年を迎えるヘッドウェア&アパレルブランド「ニューエラ」と「トミカ」のコラボコレクションが登場。お馴染みの赤い「トミカ」ロゴがデザインされたキャップを含む6種のキッズモデルに加え、大人向けブランド「tomica」のロゴをフィーチャーした大人用キャップ4種がラインナップ。

 

  • 発売中
  • 取扱い場所:NEW ERAR STORE全店、ニューエラ公式サイト

 

 

「トミカビル」の歴史と変遷

「トミカビル」は「トミカ」を“集める楽しさ”から“遊ぶ楽しさ”に広げる「トミカワールド」シリーズとして登場し、1971年の発売から現在に至るまで愛され続けている、「トミカワールド」史上最長のロングセラー商品です。「トミカを走らせて遊ぶ」「トミカを並べて遊ぶ」「ビルにデザインされた情景で遊ぶ」「ビルを動かして遊ぶ」などデビュー当時から変わらない遊びのギミックが「トミカビル」の中に凝縮されています。「トミカ」40周年の際に大幅リニューアルして以降、トミカを自動で走らせ続けることができるようになったり、ほかの「トミカワールド」シリーズと繋げてコースを広げることができるようになったりと、「トミカビル」の基本的な遊びの要素はそのままに、時代とともに進化を続けています。

 

●1971年

「トミカビル」立体駐車場をイメージし、「トミカ」をスロープで走らせたり、駐車場に飾ったり、給油ごっこをしたりと、「トミカ」遊びでの想像の世界を広げる商品として登場。エレベーターは手動で1台ずつ屋上に運ぶ仕組み。

 

●1972年

「トミカビルデラックス」「トミカビル」発売の翌年に登場。通常の「トミカビル」から2フロア増えて5階建てになりレベーターで「トミカ」を一気に屋上まで運べるようになった、まさに“デラックス”なビル。

 

●2010年

「スーパーオートトミカビル」「トミカ」40周年で大幅リニューアル。最大5台の「トミカ」が同時に乗る電動のスパイラルエレベーターを採用。電動・手動どちらでも遊ぶことができ、「トミカ」を自動で走らせ続けたり、「トミカワールド」の一部と連結できます。

●「トミカ」について

1970年、日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズとして発売された「トミカ」は、今年2020年で発売50周年を迎えました。外国製のミニカーが全盛だった当時、「日本の子どもたちに、もっと身近な国産車のミニカーで遊んでもらいたい」という熱い想いのもと誕生、今では親子3世代にわたって愛されています。現在までに累計1,050種以上の車種が発売され、累計販売台数は6億7,000万台を超えます(2020年1月現在)。近年では定番商品に加え、人気キャラクターやコンテンツとコラボレーションした「ドリームトミカ」シリーズや、ハイディテールコレクションモデル「トミカプレミアム」シリーズなどラインナップを拡大しています。また、2016年から大人向けブランド「tomica」のライセンス展開を本格始動し、年齢・性別に関わらず幅広い方に興味を持っていただけるブランドを目指し、アパレルや、文房具、日用品などにもライセンスを展開しています。

 

 

関連情報

 

関連記事

 

(C) TOMY
(C) TOMY IBIS Co.,Ltd.
(C)WAO CORPORATION.All Rights Reserved.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery