革新のミドシップ・ライトウェイトスポーツ「ロータス ヨーロッパ スペシャル」がタミヤの1/24スケールキットとなって蘇る!!

ロータスの創始者、コーリン・チャプマンが生み出したライトウェイトスポーツの傑作車として、今も世界中に多くのファンを持つ「ロータス ヨーロッパ」をタミヤが1/24スケールで精密キット化。1966年、当時としては画期的なミドシップレイアウトを採用し、FRP製ボディによる軽量な車体と低いフォルムを生かして世界でもトップクラスのコーナリング性能を誇りました。そんな同車の中から、1972年に登場した最終強化版「スペシャル」を再現しています。

 

低くシャープなフォルムを実車そのままに再現。特徴的なY字型バックボーンフレームや前後の足まわりもリアルにモデル化。

 

エンジンフード後端のロータスのロゴやバッジ、ミラー面などは金属製インレットマークで再現。バンパーやミラーなどはメッキパーツで再現。

 

エンジンフードに装着するリヤウイングもパーツ化。形状の異なる2種類のエンドプレートを用意。

 

ビッグバルブと呼ばれる直列4気筒DOHCエンジンは、金属製エアファンネルやエッチングパーツを使用した高密度な仕上がり。

 

左右のシートにはエッチング製バックルとベルトシール(赤、青、黒の3種類)で構成されるシートベルトを用意。

 

エンジンフードは脱着式。エアアウトレット用メッシュはエッチングパーツ。

 

標準装備のノーマルホイールに加えて、カスタマイズの定番ホイールと言えるRSワタナベ製8本スポークホイールもセット。

 

フロントグリルやブレーキディスク、エンジンフード用メッシュなどはエッチングパーツで再現。

 

ボディのピンストライプやメーター用のスライドマーク、3種類のシートベルトシールをセット。

 

ボディには当時F1で活躍したJPSカラーのロータスを思わせるピンストライプが施され、ボディ色にかかわらずサイド下部はすべてシルバーとなっています。

 

こちらのパッケージが目印!

 

DATA

1/24 スポーツカーシリーズ No.358
1/24 ロータス ヨーロッパ スペシャル

  • プラモデル
  • 1/24スケール
  • 全長:約168ミリ
  • 発売元:タミヤ
  • 価格:3,500円(税別)
  • 2020年12月5日(土)発売予定

※写真はキットを組み立て、塗装したものです。

関連情報

 

関連記事

上に戻る