重ねると絵柄がつながる♪ケンタッキー店舗で「スヌーピーボウル」付きメニューが予約開始!キッズメニューのグッズにも『PEANUTS』が登場

全国のケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗にて「スヌーピーボウル」付きメニューが2020年11月18日(水)から数量限定で販売! 11月4日(水)より店頭にて予約受付中です。

※一部、販売しない店舗があります。

 

 
 

可愛いスヌーピーのボウルが全4種!

クリスマスが待ち遠しいこの時季、2019年に引き続き大人気キャラクターのスヌーピーと仲間たちがKFCにやってきます! KFCオリジナルデザインの「スヌーピーボウル」は、日本KFCの創業50周年に合わせ、スヌーピーと仲間たちがお祝いパーティーに大集合しているようなKFCオリジナルデザインのボウル。サラダやスープ、デザートの盛り付けなど、普段使いしやすくさまざまな用途で使用できます。

 

 

種類は、レッド・グリーン・オレンジ・ブルーの全4種! なかでもブルーは、ほかの3種よりも少量の販売となっているレアボウルです。レアボウルは、スヌーピーのきょうだいが全員集合し、ほかのボウルには登場しないキャラクターも含め、一番多くのキャラクターが描かれているほか、「PEANUTS70周年記念ロゴ」がついたファンの心をくすぐるスペシャルデザインとなっています。

 

また、4種を重ねると絵柄がつながる仕掛けもあり、集めて楽しいアイテムです。

 

▲4つ全部揃えて重ねると絵柄がつながります。

 

4種全部そろう「コンプリートパック」も販売!

▲コンプリートパック。

 

▲個装箱もイラスト入りです。

 

DATA

スヌーピーボウル

  • 全4種(レッド・グリーン・オレンジ・ブルー)
  • 価格・内容:
    「スヌーピーボウルつき サンドセット」1,230円(税込)/チキンフィレサンド(和風チキンカツサンドも選べます)、ポテト(S)、ドリンク(M)、ボウル
    「スヌーピーボウルつき チキンセット」1,230円(税込)/オリジナルチキン2ピース、ポテト(S)、ドリンク(M)、ボウル
    「スヌーピーボウルつき Aパック」1,530円(税込)/オリジナルチキン2ピース、カーネルクリスピー2ピース、ポテト(S)、ボウル
    「スヌーピーボウルつき Bパック」1,530円(税込)/オリジナルチキン3ピース、ポテト(L)、ボウル
    「コンプリートパック」:4,980円(税込)/引換券2枚(オリジナルチキン2ピース、ポテト(S))、ボウル4個
  • 店頭予約開始日:2020年11月4日(水)
  • 2020年11月18日(水)発売予定
  • 販売店舗:全国のKFC店舗(一部販売しない店舗あり。各自治体の方針に伴い、一部店舗において営業時間の変更または休業の場合があります)

※ボウルの素材:磁器/サイズ:最大直径約120×高さ67mm
※ボウルの種類は選べません。
※「レアボウル(ブルー)」のみ、ほかの3種よりも少量の販売となっています。
※あたためる程度(100℃以下)であれば、電子レンジで使用できます。
※一部店舗では「コンプリートパック」の取扱いがない場合があります。
※数量限定のため、なくなり次第販売終了。

 

 

数量限定!キッズメニューにもスヌーピーグッズが登場

2020年11月4日(水)から、キッズメニューもスヌーピーグッズ第1弾が登場! 「スヌーピーボウル」のデザインやカラーと連動したピンク・グリーン・オレンジ・ホワイトの全4種で、KFCオリジナルデザインに「PEANUTS70周年記念ロゴ」がついた限定感満載のアイテムです。

 

スプーンとフォーク本体に『PEANUTS』の人気キャラクターたちが楽しく積み重なっている様子が描かれており、集めて積み重ねられる「スヌーピーボウル」との連動感をさらに演出しています。また、付属の台紙には食まわりのシーンが登場するコミックデザインを起用しており、グッズと食との関連をより感じることができます。

 

 

DATA

「しょくじをたのしく!スヌーピースプーン&フォークセット」つきキッズメニュー

  • 素材:ポリプロピレン
  • サイズ:約幅30×高さ30×奥行10mm
  • 価格・内容:
    「キッズナゲットセット」500円(税込)/ナゲット3ピース、ポテト(S)、ドリンク(S)、グッズ1個
    「キッズクリスピーセット」500円(税込)/カーネルクリスピー、ポテト(S)、ドリンク(S)、グッズ1個
  • 発売中
  • 販売店舗:全国のKFC店舗(一部販売しない店舗あり。各自治体の方針に伴い、一部店舗において営業時間の変更または休業の場合があります)

 

 

『ピーナッツ』とは

チャールズ M.シュルツ氏が初めて『ピーナッツ』の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。『ピーナッツ』が7つの新聞紙上でデビューを飾った時でした。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきました。日本ではソニー・クリエイティブプロダクツがエージェントとして、ライセンスビジネスを展開しています。そして原作コミック連載満70周年を2020年10月2日にむかえました。これに伴い、2019年10月2日より70周年アニバーサリーイヤーがスタートしています。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る