ジョイントライブアフターレポート! 串田アキラ×MoJo×宮内タカユキ~吠えろ!熱き兄弟達~

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

文/トヨタトモヒサ

 

2015_1004_194629AD-1

 

去る2015年10月4日(日)、練馬区光が丘のIMAホールにて串田アキラ、MoJo、宮内タカユキによるジョイントライブ「吠えろ!熱き兄弟達」が行われました。

 

1970年代後半から90年代にかけて『キン肉マン』、『太陽戦隊サンバルカン』、宇宙刑事三部作(串田)、『バトルフィーバーJ』、『科学戦隊ダイナマン』、『星雲仮面マシンマン』(MoJo)、『超電子バイオマン』、『仮面ライダーBLACK RX』、レスキューポリス三部作(宮内)と数々の名作で主題歌&挿入歌を歌ってきた3人。ファンの間からは「魂の3兄弟」と称されていますが、元々、共演するきっかけは、2005年6月に宮城県石巻市にある石ノ森萬画館で行われたライブだったそうです。当初、単独でオファーを受けたMoJoのラブコールに串田、宮内が応えて3人の共演が実現。さらに同年10月には都内で行われたライブ(「魂の兄弟! 俺とおまえのヒーロー伝説」)で再び3人が顔を揃え、以降、個々の活動と共に3人での活動も精力的に行われるようになりました。そして2015年は「魂の3兄弟」として10年目を迎えるとのことです。

 

まずはリハーサルを終えた3人の楽屋へお邪魔してお話を伺ってみました。

 

――3人でのライブ活動を振り返ってのお気持ちはいかがですか?
MoJo:(石ノ森萬画館)のときは俺ひとりで行ってもお客さんが集まらないだろうし(笑)、大好きな串田のアニキと宮菌(宮内さん)とやりたいと思って“一緒にやってください”とお願いした。それが全てのはじまりだったんですよね。
宮内:もう10年ですよ。今回は遠く北海道や沖縄からもファンが来てくださるそうだし、いつもにもまして気持ちが高まります。1曲ずつ気持ちを込めて歌いたいです。
串田:やれるなら10年後もまたやりたいよね。いつまで愛され続けるよう、俺たちもしっかり気合いを入れてさ。

――数々のヒットナンバーを持つ3人ですが、選曲へのこだわりがあればお聞かせください。
串田:ファンの方から「あれをやらなかったの?」と思われるのは僕としてもさびしい。そこで今回は1コーラスのメドレーにすることで、できる限りの曲を取りそろえました。
MoJo:僕は串田さんとは相反するけど(笑)、メドレーは省いて割と正統派の曲を選びました。でも、その中でも自分なりのこだわりがあって、「夢をかなえてダイナマン」のバラードバージョン。これは今回どうしてもやりたかった曲です。また今年、2枚組でCD化された『星雲仮面マシンマン』もフィーチャーしています。
宮内:やっぱり代表曲は外せないですね。他に今回、力を入れたいのがロボットソング。巨大なロボが眼に浮かぶような歌声を披露したいと思います。

――最後に本日のライブへの意気込みをお願いします。
宮内:やっぱりファンのみんなに気持ち良く、楽しく過ごしてほしいです。
串田:そう。「来てよかった!」と帰ってもらえるようなステージにしたいですね。
MoJo:10年が経ち、3人のもっともっと熱い気持ちを伝えたい。そしてファンの方にとっての「いい思い出」になればと思っています!

 

そして、いよいよライブの開幕です。トップバッターを務めるのはMoJoで、歌うは「星雲仮面マシンマン」。MoJoの冴え渡る歌声はもちろん、先頃、発見されたオリジナルカラオケによる歌唱は格別なものがありました。続けて、冒頭から歌われるタイトルも印象的な、宮内が歌う「特捜エクシードラフト」、そして串田がソウルフルな歌声を炸裂させての「ドラゴン・ロード」(『仮面ライダーZX』イメージソング&『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』主題歌)の3曲に、会場のボルテージは開幕直後とは思えない盛り上がりを見せました。

 

2015_1004_181036AB-1
『世界忍者戦ジライヤ』&『機動刑事ジバン』の主題歌をメドレーで歌った串田。10月18日放送の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に筒井巧さんが山地闘破(ジライヤ)役で出演することを受け、「スーパー戦隊に別のヒーローが出るのは『海賊戦隊ゴーカイジャー』のギャバンがありましたし、次はジバンかな?(笑)。これはもう嬉しいですよね!」と語りました。

 

2015_1004_173836AA-1
「バトルフィーバーJ」と「大戦隊ゴーグルV」は、ファンのコーラスが加わり「オルターネートヴァージョン」(※コーラスありのNGバージョン)となるのがお約束。まさにアーティストとオーディエンスが一体となって盛り上がりました。

 

2015_1004_172824AB-1
宮内は『ビデオ戦士レザリオン』&『銀牙 -流れ星 銀-』主題歌メドレーを経て、『超電子バイオマン』主題歌をフルコーラスで熱唱。また『海賊戦隊ゴーカイジャー』の挿入歌「海賊(つわもの)たち」はスローバラードナンバーで、宮内の朗々とした歌声が大勢のファンを魅了しました。

 

2015_1004_191142AB-1

 

また3人の歌声はもちろん、それぞれの個性が垣間みえるMCやトークコーナーも、ファンにとっては欠かせないひとときとなりました。3人でのトークでは、MoJoが「『科学戦隊ダイナマン』の主題歌や挿入歌には“夢”という言葉が多く、今、こうした時代だからこそ考えさせられることが多い」と歌詞について言及し、串田は「歌詞でいえば、ヒーローソングではあまり多くない“大好き”の言葉が好き」と語るや、その曲に気付いた一部のファンからはすかさず拍手が起こりました(※『宇宙刑事シャイダー』ED「ハロー! シャイダー」)。また先頃放送されたNHK-FMの「今日は一日“特撮ソング”三昧」に出演した宮内は「“超電子バイオマン”を歌った際に会場から起きた合いの手やコーラスに、NHKの人から“事前に打ち合わせをしたんですか?”と驚かされました」と語り、会場を沸かしました。

 

続いては「フリーコーナー」となり、串田アキラによる「宇宙刑事シャリバン」~「シャイダー」のメドレー、『シャリバン』ED「強さは愛だ」の宇宙刑事ソング集を皮切りに、MoJoは取材時にも語っていた「夢をかなえてダイナマン」のバラードバージョンをここで披露しました。なお、楽曲の正式タイトルは「夢をかなえてダイナマン~萩原佐代子ヴァージョン~」で、オリジナルは1983年のLP「スーパーギャルズメモリー」(日本コロムビア)のために、立花レイ(ダイナピンク)役の萩原佐代子のボーカルでレコーディングされたもの。MoJoは2013年の『非公認戦隊アキバレンジャー らいぶつあーふぁいなる 2013 中野へ再遠征』でこれを歌う機会があり、今回はさらに磨きをかけ、いぶし銀の歌声を聴かせてくれました。
宮内は『仮面ライダーBLACK RX』のOP&EDの2曲を歌い、前者をパワフルに、後者をしっとりと歌い上げ、歌手としての幅の広さを見せたほか、自身がこだわる「ロボットソングコーナー」で選んだ2曲は「バイオロボの歌」と「烈車合体トッキュウオー」。これまでにロボットソングを数多く歌ってきた宮内ですが、第一作と最新作の2曲を通じ、会場いっぱいに厚みのある声を響かせ、ロボの雄姿をまさに歌声から体現しました。また同コーナーでは、串田にとって初のアニメソングとなった『戦闘メカ ザブングル』のOP&ED、MoJoの「高速電神アルベガス」、「究極サムライハオー降臨!」(『侍戦隊シンケンジャー』挿入歌)といずれもテンションの高い楽曲が続き、会場の熱気は最高潮を迎え、いよいよラストスパートへ突入。

 

2015_1004_193316AA-1
宮内が送る最後の1曲は、今年放送25周年を迎える『特警ウィンスペクター』主題歌。小脳梗塞の病魔に打ち勝った宮内は、全身全霊を込めて歌い切りました。

 

2015_1004_193518AA-1
MoJoが歌うは「科学戦隊ダイマン」。「ダイ」の連呼が聴く者の心を熱くたぎらせます!

 

2015_1004_193929AA-12015_1004_194126AA-1
トリを務めるは「宇宙刑事ギャバン」の串田。途中から宮内、MoJoもステージに登場し、観客からの盛大な拍手に包まれ、フィナーレを飾りました。

 

2015_1004_194602AA-1

アンコールに応えての1曲は、今年卒寿(90歳)を迎えた作曲家・渡辺宙明が、Vシネマ『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』のEDテーマとして書き下ろした「伝説」。宮内、MoJo、串田アキラとそれぞれのソロパートの順番にステージに登壇し、それぞれの想いを噛みしめながら歌い上げました。そして終演後には、会場に集まった全てのファンとのハイタッチ会が開催決定。ファンにとって堪らないサプライズを以て、この日のライブは幕を閉じました。

 

●セットリスト
01:星雲仮面マシンマン
02:特捜エクシードラフト
03:ドラゴン・ロード
04:キン肉マン旋風~炎のキン肉マン
05:キン肉マン Go Fight!
06 :ビデオ戦士レザリオン~流れ星 銀
07:超電子バイオマン
08:バトルフィーバーJ
09:大戦隊ゴーグルV
10:太陽戦隊サンバルカン~We are the One~僕らはひとつ~
11:ジライヤ~機動刑事ジバン
12:特急指令ソルブレイン
13:海賊(つわもの)たち
14:電光!アクションマシンマン
15:OH!チャイルド
16:宇宙刑事シャリバン~宇宙刑事シャイダー
17:強さは愛だ
18:夢をかなえてダイナマン~萩原佐代子ヴァージョン~
19:若き旅人
20:仮面ライダーBLACK RX
21:誰かが君を愛している
22:疾風ザブングル
23:乾いた大地
24:光速電神アルベガス
25:究極サムライハオー降臨!
26:バイオロボの歌
27:烈車合体!トッキュウオー
28:特警ウインスペクター
29:科学戦隊ダイナマン
30:宇宙刑事ギャバン
アンコール:伝説

 

※1、4、5、10、11、16、17、22、23、30、アンコール:串田アキラ
※2、6、7、12、13、18、19、24、25、29、アンコール:MoJo
※3、8、9、14、15、20、21、26、27、28、アンコール:宮内タカユキ

 

INFOMATION

●串田アキラ
・10月25日(日)には目黒 BLUES ALLEY JAPANにて、生バンドを率いての「串田アキラ SOUL,R&B ライヴ」ライブを開催。串田アキラの音楽的ルーツを辿る、貴重なライブなるでしょう。

串田 アキラ Official Web Site http://www.snowkey.net/Qu-cy/

 

●MoJo
・「星雲仮面マシンマン SONG & MUSIC COLLECTION」(日本コロムビア)が発売中。主題歌&挿入歌、そして新たに発見された大野雄二による劇伴や主題歌&挿入のカラオケを本邦初収録。またMoJoが新たにレコーディングした「星雲仮面マシンマン2015ver.」も必聴。

ジャケ写

 

MoJo Web http://mojomojo.p1.bindsite.jp/

 

●宮内タカユキ
『ガールズ&パンツァー』タンソンミニアルバムにてタンクソングを熱唱。12月2日発売予定(ランティス)。

 

・宮内タカユキLIVE 2015 – ちょっと早めのクリスマス&祝☆WSP –

開催日:12月13日(日)
場所:新宿ネイキッドロフト
開場:17:00 開演:18:00
チケット:前売\4000 当日\4300 (ドリンク代 別途必要)
※前売り券はローソンチケットにて11/8より発売【Lコード:73592】
お問合せ先:新宿ネイキッドロフト 03-3205-1556

 

宮内タカユキ公式ブログ『ぶっちぎるぜ!!』 http://blog.excite.co.jp/t-miyauchi/

 

2015年10月7日(水)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery