「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」「HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)」など:電ホビ的2020年ベストセラー!【①ガンプラ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2020年に電撃ホビーウェブの記事を通じて売れたベストセラー商品をジャンル別に10位+次点までご紹介! 今回は第1回「ガンプラ編」をお届けします!

 

ガンプラでは、発売決定の一報が大きな話題となった「MG 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」が1位に。僅差で「HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム」が2位につけています。

 

2位~5位を初心者向けからコアユーザー向けまで「RX-78-02 ガンダム」のガンプラが独占しているのは、実物大“横浜ガンダム”のプロジェクトが盛り上がった2020年ならではかもしれませんね。6位には、新規造形でリバイブされて評判の「HG シャア専用ザクII」がランクイン。7位以降にも2020年に発売された人気ガンプラが順当にランクインしています。

 

※集計期間:2020年1月1日~12月20日
※Amazon.co.jpに在庫がない場合などを除き、商品名、写真をクリックするとAmazon.co.jpの販売ページが開きます。
※リンク先のAmazon販売ページ内では在庫状況などによって価格が変動するため、標準小売価格以上で販売される場合があります。購入前に十分ご確認ください。
※記事の内容は、2020年12月25日10:00時点のものです。

 

 

1位:MG 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka 1/100スケール 色分け済みプラモデル

『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』より、カトキハジメ氏完全監修のもと、ウイングガンダムゼロEW Ver.Kaが登場! 関節各所の徹底検証を行い、“白い翼”の展開・連動ギミック、ツインバスターライフル射撃ポーズを追求。新規ギミックとして翼へのツインバスターライフルの収納と、ネオバード形態への変形を実現。完全新規造形で立体化。

 

  • 発売日:2020年11月28日

関連記事⇒「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」「MG ヘイズル・アウスラ」「ガンプラ入りラウンドBOX」など最新ガンプラ情報目白押し!【連載】ガンプラジャーナル10月号

 

 

2位:HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』より、ジ・オリジン版RX-78-02 ガンダムがHGにラインアップ。組み立てるだけで色再現が可能なパーツ構成、HGシリーズ最新フォーマットなど、ガンプラ40周年の幕開けにふさわしいアイテムです。パーツ選択式で、左右非対称が特徴の前期型と左右対称が特徴の中期型、両方のデザインが楽しめます。前腕部は前期型再現として左前腕部にガトリングガンを搭載。袖口の形状も違い、左右非対称となっています。中期型は左右同形状のパーツとなります。胸部は左上側にショルダー・マグナム、右上側にバルカン砲を取り付けることで前期型の左右非対称を再現。一方、左カバーブロックを左右共通のパーツで構成することで中期型の左右対称の形状も再現できます。肩部は上面パーツの選択により前期型・中期型の再現が可能。ふくらはぎに可動バーニアを搭載。カバーを展開させてディスプレイできます。つま先パーツも可動。付属の武器は、腰とシールドにあるジョイントに取り付けることが可能です。

 

  • 発売日:2020年3月14日

関連記事⇒HGシリーズ最新フォーマットで登場!『ガンダム THE ORIGIN』のガンプラ「HG RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)」の詳細が公開!

 

 

3位:ENTRY GRADE 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム(ライトパッケージVer.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

ENTRY GRADEからRX-78-2 ガンダムが登場! “次世代のファーストガンプラ”ここに誕生! お求めやすい価格で多くの人に楽しんでもらえる仕様で登場! パッケージはPP袋を採用! 全67パーツで構成(武装は付属していません)。パーツを組み立てるだけで完成。塗装はもちろん、シール貼りも不要。ニッパーを使わずに手でパチパチと簡単に外せるタッチゲート仕様。ランナーにはパーツが部位ごとにまとまって配置されているので、分かりやすくなっています。よく動き、よく曲がる可動箇所。大胆かつ秀逸なパーツ分割。カメラアイの黒い輪郭を、パーツ同士のクリアランスにできる影で表現しています。

 

  • 発売日:2020年12月19日

関連記事⇒充実した可動範囲の次世代のファーストガンプラ!「ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム(ライトパッケージVer.)」がいよいよ12月19日に発売!

 

4位:PG UNLEASHED 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム 1/60スケール 色分け済みプラモデル

〈GUNPLA EVOLUTION LINK SYSTEM〉では段階的組み立て工程を採用、本物のMSを建造する疑似体験を演出。「組立」「可動」「構造」「外装」「演出」と組み立てフェイズごとにガンプラ最新技術を凝縮し、ガンプラの進化を体感できる設計になっています。ガンプラ史上最大級、脚部全長約180ミリのインサートフレームを採用。骨となる全身のフレームをPG史上最も早い段階で組み上げられる仕様となっています。ガンプラ史上最大の全身90箇所以上に可動軸を設定。コア・ブロック機構を採用した胴体部は、40箇所の可動軸を組み合わせた新構造を採用。多重構造のトラスフレームにはメタリック成形色とメッキパーツを採用し、4種の金属感を演出しています。シルバーメッキ、艶消しメッキ、クロームメッキなどの3種の二次加工や金属パーツ、新開発エッチングシールなど多彩なマテリアルを使用。ガンプラ史上最多の全身のハッチオープンギミック搭載。稼働シーンを演出する新規LEDユニットも搭載しています。色調変化を可能にする小型の新規RGB2灯式LEDライトと導光効率を最大限に引き出す設計により、可動と発光を両立。1/60スケールのビーム・サーベル内に、極小の電飾ユニットを搭載。成形材料の調合を追求したビーム刃により、実際に基部からビームが出力されたような鮮やかなグラデーション発光を実現。発光再現にはピン型リチウム電池BR435(テスト用1個付属)と、ボタン電池[LR41](別売り)2個が必要です。

 

  • 発売日:2020年12月19日

関連記事⇒ガンプラ史上最多の可動軸やハッチオープンギミック搭載!「PG UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム」がいよいよ12月19日発売!

 

 

5位:HG 機動戦士ガンダム RX-78-2 ガンダム [BEYOND GLOBAL] 1/144スケール 色分け済みプラモデル

ガンプラ40周年記念の「HGシリーズ」で培った技術を集約し、大河原邦男氏デザインの「RX-78-2 ガンダム」を立体化。「美しいポージング」と「可動性能とプロポーション」を追求。自然なポージングを演出可能にするギミックを全身に数多く搭載。ファーストガンダムのデザインを再検証し「BEYOND GLOBAL」として極限まで追求したデザイン。前屈可動・スイング可動構造を胴体に採用。首軸も前後可動。太もも部分の付け根に内側へ曲がる関節を追加し、より人間に近いポージングを実現。手首が独立可動することにより、ジョイントしたシールドにも自由な動きをさせることが可能です。手首ブロックはボールジョイントで別パーツとして可動し、拳を握り込む力強い動きなども演出できる構造となっています。股関節軸はスイングし前方に大きく可動。さらにリアスカートが大きく展開することで後方へ動かすことも可能に。胸部側面のブロックは肩甲骨にあたる部分の可動を担っていて、外側に開く動きによって肩部の可動軸が露出しないよう配慮して設計されています。

 

  • 発売日:2020年6月6日

関連記事⇒HGシリーズの技術を集約したガンプラ「HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」が発売決定!大河原邦男氏デザイン!

 

 

6位:HGUC 機動戦士ガンダム シャア専用ザクⅡ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『機動戦士ガンダム』におけるプロポーションを最新の技術でリバイブ。モノアイは頭部裏側の操作リブを動かすことで可動します。腕は上腕部に加え前腕部も回転し、可動域を大きく確保。また、腰部の可動域をさらに広げる軟質素材パーツを同梱。プラパーツと軟質素材パーツとの選択式となっています。なお付属する3種の武器は、腰部に懸架可能です。

 

  • 発売日:2020年7月31日

関連記事⇒シャア専用ザクIIが新規造形にてHGガンプラ化!『機動戦士ガンダム』におけるプロポーションを最新の技術でリバイブ!

 

 

7位:HGAC 新機動戦記ガンダムW ガンダムヘビーアームズ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『新機動戦記ガンダムW』より、圧倒的な火力を誇るガンダムヘビーアームズがHG最新フォーマットで登場! 胸部ガトリング砲、肩部ホーミングミサイル、脚部のマイクロミサイルなど、多彩な武装を搭載。ビームガトリングは、設定通り機体の左腕とバックパックの2箇所に装着可能です。右腕には付属のアーミーナイフを固定するギミックを搭載。迫力のフルオープンギミックを再現できます。

 

  • 発売日:2020年10月24日

関連記事⇒迫力のフルオープンギミックを再現可能!『ガンダムW』のガンプラ「HG ガンダムヘビーアームズ」がいよいよ10月24日に発売!

 

 

8位:HGUC 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ メッサ―(仮) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場するメッサー(仮)が胴体内部に可動ギミックを搭載し、HGシリーズに降臨。各所に可動箇所を設けることで、メッサーのアクションポーズを最大限引き出す構造となっています。サイドアーマーは脚部の動きの幅にゆとりを持たせるスライドギミックを搭載。ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールドが付属します。

 

  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日:2020年7月4日

関連記事⇒『ガンダム 閃光のハサウェイ』ガンプラ「HG メッサー(仮)」が発売決定!胴体内部に可動ギミックを搭載!

 

 

9位:HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE ユーラヴェンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』2nd Seasonより、新主人公機「ユーラヴェンガンダム」が登場。コアガンダムIIは単独でコアフライヤーに変形可能。コアドッキングカスタム対応で既存のアーマーとのカスタムも楽しめます。

 

  • 発売日:2020年5月13日

関連記事⇒「HGBD:R ユーラヴェンガンダム」「HG メッサー(仮)」「HG RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」「HG ガンダムジェミナス01」など最新ガンプラ情報満載!【連載】ガンプラジャーナル3月号

 

 

10位:HGBD:R ガンダムビルドダイバーズRe:RISE フェイクニューウェポンズ 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』2nd Seasonよりフェイクニューウェポンズが登場。コアドッキングカスタム対応で、別売りの敵コアガンダム(仮)に装着可能です。

 

  • 発売日:2020年6月27日

関連記事⇒νガンダムを彷彿とさせる外装とバックパック!ガンプラ「HGBD:R フェイクニューユニット」と「HGBD:R フェイクニューウェポンズ」がいよいよ6月27日発売!

 

 

次点:RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア νガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する、アムロ・レイ搭乗機をRGにラインナップ。設定上の機構や劇中のポージングを再現するためのさまざまなギミック、さらに実機考証に基づくオリジナルのギミックを1/144スケールに凝縮。精密なパーツ構成により、1/1スケールをイメージして作る楽しさ、飾る楽しさを両立。νガンダムの特徴的なカラーリングは成形色で再現。白い本体には薄いグレーの成形色を3色使用し、情報の密度を上げています。肩部と腹部にはジョイントが内蔵されており、フレキシブルに可動。捻りや肩の押出しが可能となり、よりダイナミックなポージングを実現。肩のアーマーは内部のジョイントと連動して大きく展開する機構を内蔵。肩の可動域が拡大することにより、武装を構えるポージングなどで発生するパーツ同士の干渉を軽減します。腰部ジョイントがブロックごとに細かく可動し、脚部の可動範囲を拡大。膝を大きく前に突き出す動きが可能になり、1/144スケールながらもスタンスの広い迫力あるポーズを演出できます。脚部には、各関節の可動と連動して装甲がスライドする「マルチリンク・ギミック」を搭載。大きく膝を曲げたポージングも自然に再現。

 

  • 発売日:2019年8月10日

関連記事⇒『ガンダム 逆襲のシャア』のガンプラ「RG νガンダム」のPVが公開!ギミックや可動域をチェック!

 

 

関連情報

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery