『仮面ライダーW』サイクロンジョーカーがハイクオリティ彩色済みプラモデルに!ランナーにプロ並みの塗装をあらかじめ施した新ブランド「MG FIGURE-RISE ARTISAN」誕生!

BANDAI SPIRITS ホビー事業部より、組み立てるだけで誰でもハイクオリティの塗装済みプラモデルを作れる新ブランド「MG FIGURE-RISE ARTISAN(アルチザン)」が誕生! 第1弾として『仮面ライダーW』のサイクロンジョーカーが登場です。プレミアムバンダイにて、2021年1月7日(木)13時より予約受付開始!

 

 

「MG FIGURE-RISE ARTISAN(アルチザン)」とは

ランナーにさまざまな模型技法を駆使した、プロ並みの塗装をあらかじめ実施。組み立てるだけで誰でもハイクオリティの塗装済みプラモデルを作ることが可能な新ブランドです。また、塗装技法監修は川口名人が行っています。

 

 

MG FIGURE-RISE ARTISAN 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

サイクロンジョーカー特有のサイクロンサイドのメタリック感、ジョーカーサイドのマット感をより強める形での塗装コンセプトで彩色を実施。細部にわたる墨入れやハイライト、シャドウのグラデーション表現で、スーツの立体感や素材感を強調して演出しています。一部のパーツは、ゲートカットを行ったあとに塗装を実施することで、組んだあとの満足感を高めています。

 

右半身のサイクロンサイドは、複数の塗装工程を駆使した煌びやかなメタリック塗装を採用。光のグラデーションを塗装によって表現することで、スーツの立体感をさらに際立たせています。メタリックグリーンの上に、明るい部分には淡いハイライト、影の落ちる部分には重みのあるシャドウ、さらに全体をクリアーでコートすることにより、劇中のスーツの放つ反射光や色合いの鮮やかさを演出。ウィンディスタビライザーはシャドウを入れることで、風になびく立体感を強調。

 

ジョーカーサイドは高級感のある艶消しを採用。光のグラデーションを塗装によって表現することで、スーツの立体感をさらに際立たせています。艶消し黒だけでは平坦になりがちな部分を、スーツや人体の凹凸に合わせたハイライトを吹くことで立体感を強調。使用するハイライトには淡いグレーをチョイスすることで、本来のジョーカーの持つ黒のイメージを表現。また、リング部分にはメタリック塗装を採用。

 

ダブルドライバーのガイアメモリの光が混ざる中央部を印刷で再現。赤部分には墨入れを採用。ガイアメモリも印刷で再現しています。また、オリジナルデザインの印刷済み台座が付属。台座にはガイアメモリをモチーフとした「サイクロン」「ジョーカー」のデザインを印刷。さらにフルカラーパッケージでのお届けとなります。

 

DATA

MG FIGURE-RISE ARTISAN 仮面ライダーW サイクロンジョーカー

  • プラモデル
  • 全長:約27cm
  • 付属品:ディスプレイベース
  • 発売元:BANDAI SPIRITS
  • 価格:11,000円(税10%込)
  • 2021年7月発送予定

 

(C)石森プロ・東映

関連情報

 

関連記事

上に戻る