『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX』発売記念! アテレコ取材開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

1986年10月から、日本テレビにて放送が開始された海外ドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』が、12月25日、コンプリート ブルーレイBOXとなって発売されます。価格は38,900円(税抜)で、シーズン1~3の全55話が収録され、その魅力を解説したコンプリートブックレットも付属します。また、初回封入特典として、536×336ミリのオリジナルミニポスターも、用意されています。

 

aw

 

そして、このコンプリート ブルーレイBOXのうれしい特徴のひとつが、これまでのDVDでは字幕のみだった、合計100分を超える吹き替え未収録部分の新録です。ストリングフェロー・ホーク役の磯部勉さん、ドミニク・サンティーニ役の富田耕生さん、ケイトリン・オシャネシィ役の戸田恵子さん、マレラ役の横尾まりさんら、当時のオリジナルキャストが参加しており、残念ながら2014年9月に逝去されたアークエンジェル役の家弓家正さんの代役は、銀河万丈さんが務められます。

 

この、新規吹き替え部分の発売記念アテレコ取材が、10月9日、東京テレビセンターにて開催されました。

 

新録作業をしたのは、ホーク役の富田耕生さんと、ドミニク役の磯部勉さん。磯部さんが「初めてのテレビシリーズで思い入れがあります。当時の声は今と違って、とても若いので心配した」と話すと、富田さんは「全然問題なかった。いい声してたよ」と応じました。

 

TE02

▲収録を行なう富田耕生さん(左)と磯部勉さん(右)。

 

 

また、ケイトリン役の戸田恵子さんはスケジュールの都合で会見には参加できなかったものの、ビデオメッセージで「久々に作品を観て聴いて、自分の声の若さにびっくりしてしまいました。あんな可愛らしい時期もあったんだなと(笑)。磯部さんと富田さんは当時から存在感があり、さすがだなぁと思いました」と振り返りました。

 

TE01

 

放送当時にエアーウルフを楽しみにしていた方は、もちろんエアーウルフ自体のターボによる高速飛行や数々の戦闘シーンもありますが、ホークやドミニク、そしてケイトリン達の吹き替えによる軽妙なやりとりこそ、忘れられない魅力となっているのではないでしょうか? 『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX』は12月25日発売です。砂漠の真ん中から発進するあの勇姿を見たい方はぜひ!

 

<DATA>

超音速攻撃ヘリ エアーウルフ コンプリート ブルーレイBOX

http://www.airwolf-tv.jp/bluray/

 

■価格:38,900円(税抜)

■発売日:12月25日

■内容:

本編Blu-ray 15枚組

本編収録時間:約2,690分

カラー/片面2層(シーズン2 Disc6とシーズン3 Disc6は1層)

映像仕様:1080×1920(4:3サイドパネル)/MPEG-4 AVC

音声仕様:日本後・英語 DTS モノラル

字幕:吹き替え用字幕/日本後字幕

封入特典:シーズン1~3全55話を完全解説など『超音速ヘリ エアーウルフ』の魅力が凝縮されたコンプリートブックレット

初回限定封入特典:オリジナルミニポスター(536×336ミリ)

 

 

<関連情報>

エアーウルフ公式ホームページ

http://www.airwolf-tv.jp/

 

 

 

 

(c)1984 Universal Studios. All Rights Reserved. (c)1984/85 Universal Studios. All Rights Reserved. (c)1985/86 Universal Studios. All Rights Reserved. Artwork (c)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery