ウルトラの父が、織田信成さん、具志堅用高さん、三重県知事鈴木英敬さん、ペナルティ ヒデさんとともに「イクメン オブ ザ イヤー 2015」を受賞!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

毎年10月19日はイクメンの日! 10(トウサン)19(イクジ)の日ということで、イクメン オブ ザ イヤー実行委員会(実行委員長 おちまさと氏/事務局 フロンティアインターナショナル)が提案し、2011年に日本記念日協会に制定されたのだそうです。

 

 

それから毎年、イクメン オブ ザ イヤーが選定されていますが、ららぽーと豊洲にて今年も授賞式が行われ、なんと、ウルトラの父が受賞しました! 新設された「イクメンキャラクター部門」での受賞になります。今年は「実際に育児を頑張り楽しみながら、もっとも“イクメン”の認知向上に寄与したパパを著名人より選出」したとのことです。

 

 

▲「イクメン オブ ザ イヤー 2015」受賞者のみなさん。左から、鈴木英敬三重県知事、織田信成さん、具志堅用高さん、ウルトラの父。

▲「イクメン オブ ザ イヤー 2015」受賞者のみなさん。左から、鈴木英敬三重県知事、織田信成さん、具志堅用高さん、ウルトラの父。

 

受賞者は以下の通りです。

イクメンキャラクター部門:ウルトラの父

イクメンスポーツ部門:織田信成さん
イクメン芸人部門:ペナルティ ヒデさん
イクメン特別部門:鈴木英敬三重県知事
イクジイ部門:具志堅用高さん

※ペナルティ ヒデさんはスケジュールの都合により欠席。

 

それではさっそく、受賞式の模様をレポートします。

 

▲授賞式は山本モナさんの司会で進行しました。

▲授賞式は山本モナさんの司会で進行しました。

 

▲イクメン特別部門を受賞した鈴木英敬三重県知事。おちまさと実行委員長より盾を手渡されました。三重県庁は16%の育休率で、今後はさらに向上させたいとのことでした。

▲イクメン特別部門を受賞した鈴木英敬三重県知事。おちまさと実行委員長より楯を手渡されました。三重県庁は16%の育休率で、今後はさらに向上させたいとのことでした。

 

▲スポーツ部門を受賞した織田信成さん。

▲スポーツ部門を受賞した織田信成さん。

 

▲4人のお孫さんを持つ具志堅用高さんは、イクメンんではなく祖父としての「イクジイ」部門での受賞になります。

▲4人のお孫さんを持つ具志堅用高さんは、イクメンんではなく祖父としての「イクジイ」部門での受賞になります。

 

▲そして! ウルトラの父が現れました!

▲そして! ウルトラの父が現れました!

 

▲おちまさと実行委員長から楯を受け取るウルトラの父。織田信成さんもそのようすを笑顔で見ています。

▲おちまさと実行委員長から楯を受け取るウルトラの父。織田信成さんもその様子を笑顔で見ています。

 

一通り受賞式が終わると、トークセッションが始まりました。お題は、「イクメンとは」です。

 

IMG_0536

▲「イクメンとは、愛の伝道師」と回答した織田信成さん。おちまさとさんはじめ、会場からのリクエストに応えて、ターンをやってくださいました。

 

 

▲気になるウルトラの父の回答はこちら……。読めません。言葉も「デヤッ」とだけ。山本モナさんが、「私が“ウルトラ語”を通訳します」と、ウルトラの父のコメントを読み上げました。、「光の国を空けることも多いので、そんなときに支えてくれるのがパートナー」とのことで、ウルトラの母も搭乗です。

▲気になるウルトラの父の回答はこちら……。読めません。言葉も「デヤッ」とだけ。山本モナさんが、「私が“ウルトラ語”を通訳します」と、ウルトラの父のコメントを読み上げました。、「光の国を空けることも多いので、そんなときに支えてくれるのがパートナー」とのことで、ウルトラの母も登場です。

 

▲続いて、皆さん家族との写真を披露してくださいました。ウルトラの父は幼い頃のウルトラマンタロウの写真を。山本モナさんが「お子さんが多くてたいへんですね」と質問すると、おちまさとさんが「子供はタロウだけなんですよ」と話す一幕も。

▲続いて、皆さん家族との写真を披露してくださいました。ウルトラの父は幼い頃のウルトラマンタロウの写真を。山本モナさんが「お子さんが多くてたいへんですね」と質問すると、おちまさとさんが「子供はタロウだけなんですよ」と話す一幕も。

 

▲登壇者全員で記念撮影です。左から、山本モナさん、おちまさとさん、鈴木英敬三重県知事、織田信成さん、具志堅用高さん、ウルトラの父、ウルトラの母、宗像恒和副委員長。

▲登壇者全員で記念撮影です。左から、山本モナさん、おちまさとさん、鈴木英敬三重県知事、織田信成さん、具志堅用高さん、ウルトラの父、ウルトラの母、宗像恒和副委員長。

 

これにて、受賞式は終了となりました。

 

なお、会場となったららぽーと豊洲では、10月17日(土)~18日(日)に、「イクメンキャンプ・イン・ワンガン・ フェス」が開催されるとのこと。係留気球の早朝フライト(有料)やワークショップが開催されるそうです。詳しくは、イクメン オブ ザ イヤーの公式サイトをご覧ください。

 

 

 

<DATA>

イクメン オブ ザ イヤー 2015

http://ikumen-of-the-year.com/

 

■主催:イクメン オブ ザ イヤー 2015実行委員会

■特別協賛:アンファー

■協賛:キリンビバレッジ、タビオ、ロゴス コーポレーション

■後援:厚生労働省、フィンランド大使館

■特別協力:厚生労働省委託事業イクメンプロジェクト

■協力:三井不動産商業マネジメント、NPO法人ファザーリング・ジャパン

■総合プロデュース:おちまさと(イクメン オブ ザ イヤー 実行委員長)

■企画・制作:フロンティアインターナショナル

 

 

(c)円谷プロ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery