トミーテックの「チョロQ zero」第9弾は アクション刑事ドラマ『西部警察』と強力コラボ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

文/RED染谷

 

“チョロチョロ走るキュートなクルマ”をキャッチコピーに、1979年に誕生、1980年に発売された「チョロQ」。コミカルなボディにぴったりの遊び心あるネーミング! それまでにはなかった独自のデフォルメ・ボディと、強力なプルバック・ゼンマイを搭載した手のひらサイズの走るミニカー「チョロQ」は、今ではデフォルメミニカーの代名詞となりました。トミーテックの「チョロQ zero(ゼロ)」は、“今だから作れる、大人向けのチョロQ”をキャッチフレーズに展開中です!

 

待望のシリーズ第9弾は、発売から35年が経っても変わらない人気の「チョロQ」と、放送から35年が経っても多くのファンから支持され続けている『西部警察』とのコラボレーション商品です。

 

seibu_all_a-1

 

「チョロQ zero(ゼロ)」は、一部の例外を除いて全長50ミリ、全幅30ミリ、ホイールベース20ミリという「チョロQ車検」のルールを重視! 9(Q)の次に来る数字が0(zero)であり、原点に再び戻ることを意味して名付けられており、単なる復刻ではなく“ゼロ”からの新規開発であることにこだわった商品作りが行われています。そのため、初期の「チョロQ」のように、窓とボディは別部品。クルマ好きならわかる独特なデフォルメ造形は、かつての「チョロQ」設計者を起用しているからこそ! 同社の人気ブランド「TOMICA LIMITED VINTAGE(略称:TLV)」を誕生させたミニカーチームの開発強力もあって、新規ファン層も獲得。平成のおもちゃ街道を順調に走り続けています。

 

seibu_coin_b-1

 

遊び方は無限大! 複数の「チョロQ zero(ゼロ)」を使ってのスピードレースはもちろん、従来の「チョロQ」遊びの代表的な技、リア部分にあるコインホルダーにコインを載せると、前輪が持ち上がり、後輪だけで走ることができるウィリー走行も可能です。場所をとらないコンパクトなサイズはコレクションに最適! ミニカーファンも『西部警察』マニアの人たちも納得のラインアップです。

 

 

大門軍団の活躍を見守る西部署捜査課長・小暮謙三の愛車。登場回数は少ないながら、特注仕様のオープンカーの存在感はバツグン! 本品にはフラットゼンマイを採用しているので、室内も表現! 当時はまだ希少だった自動車電話もちゃんと彩色されています。また、特徴的なボンネットグラフィックも色鮮やかに再現しています。

seibu_001a-1

seibu_001b-1

seibu_001c-1

<DATA>

西部警察Z01 ガゼール

■価格:2,500円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

コンピューターやカメラなど、52種類の特殊装備を搭載した大門団長の専用車として活躍したスーパーマシン。ベース車輌となったのは、1980年に登場した日産スカイライン2000GTターボ(写真・赤いボディ)で、今回の商品化にあたっては、ボンネットやグリルの形状、タイヤやマフラーの仕様など、すみずみまでリサーチを行ったとのこと。

seibu_002a-1

seibu_002b-1

seibu_002c-1

<DATA>

西部警察Z02 マシンX

■価格:2,500円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

巨悪を追いつめ、疾走した『西部警察』シリーズの名脇役を新規金型で商品化! 複数購入して、劇中さながらの“白パト”の隊列を作ってみたいものです。

seibu_003a-1

seibu_003b-1

<DATA>

西部警察Z03 セドリックSTDパトカー
■価格:2,200円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

STDは“スタンダード”の略。番組初期のスタンダードだったスチールホイールを履いた仕様で立体化されています。

seibu_004a-1

seibu_004b-1

<DATA>

西部警察Z04 セドリックSTD覆面
■価格:2,200円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

爆風の中を潜り抜けた“黒パト”も『西部警察』シリーズには欠かせない存在でした。お馴染みの赤色灯も付いています。
seibu_005a-1

seibu_005b-1

<DATA>

西部警察Z05 セドリックGLパトカー
■価格:2,200円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

こちらは、シリーズ中期をイメージした上級グレード+アルミホイール+バー型赤色灯を装備したスタイル。

seibu_006a-1

seibu_006b-1

<DATA>
西部警察Z06 セドリックGL覆面

■価格:2,200円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

九州・福岡でロケが行われた『西部警察』第65話「博多港決戦!!」に登場する二代目ローレルのパトカー。「チョロQ zero」第4弾の金型を使用して作られています。

seibu_007a-1

seibu_007b-1

<DATA>

西部警察Z07 ローレルパトカー

■価格:2,200円(税抜)

■発売元/販売元:トミーテック
■2016年1月発売予定
※写真は試作品です。実際の商品とは異なる部分があります。
※商品の仕様は予告無く変更される場合があります。ご了承ください。

 

 

<関連情報>

西部警察 商品紹介 トミーテック
http://www.tomytec.co.jp/minicar/lineup/seibu/index.html

 

(C)石原プロモーション
(C)2015 TOMYTEC

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery