1/48スケール「CH-47 チヌーク」と「F/A-18E スーパーホーネット」、1/35スケール「ドイツ パンサー 砲兵観測車 5cm KwK 39搭載型」のプラモデルが登場!

ホビーボスより、「CH-47A チヌーク」、「F/A-18E スーパーホーネット」、「1/35 ファイティングヴィークルシリーズ 84534 ドイツ パンサー 砲兵観測車 5cm KwK 39搭載型」のプラモデル3点が登場! 2021年6月に発売されます。

 

 

CH-47A チヌーク

CH-47 チヌークはアメリカのボーイング・バートル社(現ボーイング・ロータークラフト・システムズ社)が部族の名前から付けられました。開発から半世紀以上が経った現在も様々な改修が加えられ、世界各地で活躍しています。キットは初期のA型が精密・正確にモデル化されています。

 

DATA

CH-47A チヌーク

  • プラモデル
  • 1/48スケール
  • サイズ:全長約32.2cm、ローターの直径約37.6cm。
  • 仕様:パーツ数330以上、新金型
  • 価格:16,800円(税別)

 

 

F/A-18E スーパーホーネット

F/A-18E/F スーパーホーネットはアメリカ海軍の戦闘攻撃機です。E型が単座、F型が複座です。既存のF/A-18(A-D型) ホーネットを再設計し、機体の大型化によってペイロードの増加や航続距離の延長、運動性の向上などを実現しました。F-14 トムキャットと交代する形で配備され、現在のアメリカ海軍の主力機として活躍しています。キットは精密・正確にモデル化されています。

 

DATA

F/A-18E スーパーホーネット

  • プラモデル
  • 1/48スケール
  • サイズ:全長約38cm、全幅約27.3cm
  • 仕様:パーツ数520以上、シートベルトなどのエッチングパーツ付き、新金型
  • 価格:14,800円(税別)

 

 

1/35 ファイティングヴィークルシリーズ 84534 ドイツ パンサー 砲兵観測車 5cm KwK 39搭載型

第二次大戦中、ドイツ軍では砲兵部隊の射撃支援を目的とした砲兵観測車を開発。当初は兵員輸送車などを改修していましたが、最前線での危険な任務のため、十分な装甲を持つ戦車を母体とした観測車が求められ、III号戦車やパンサー戦車をベースにした車両などが生産され、5cm KwK 39搭載型も計画されていました。キットは精密にモデル化。履帯は連結組み立て式で、エッチングパーツ付きです。

 

 

DATA

1/35 ファイティングヴィークルシリーズ 84534 ドイツ パンサー 砲兵観測車 5cm KwK 39搭載型

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • サイズ:全長約20cm、全幅約9.8cm
  • 仕様:パーツ数980以上
  • 価格:14,800円(税別)

 

共通DATA

  • 発売元:ホビーボス
  • 販売元:童友社
  • 2021年6月発売予定

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る