デストロン航空兵のスカイワープがトランスフォーマーマスターピースシリーズに再臨!「タカラトミーモール限定 MP-52+SW スカイワープVer.2.0」登場!

「タカラトミーモール限定 MP-52+SW スカイワープVer.2.0」は、テレビアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』で活躍したデストロンの航空兵 スカイワープの完全変形フィギュア。ロボットモードからビークルモード(F-15イーグル)にトランスフォームします。

 

「トランスフォーマー マスターピース」シリーズは、タカラトミーのトランスフォーマートイの最高峰ブランド。サンダークラッカーの商品化は今回で2回目。「MP-52 スタースクリームVer.2.0」と「タカラトミーモール限定 MP-52+ サンダークラッカーVer.2.0」と同様、本商品もアニメ設定を準拠に設計されており、より劇中でのイメージに近づけたフォルムとなっています。

 

ロボットモードはマスターピース化に際して垂直尾翼と水平尾翼を本体に収納するデザインにしたことで、劇中に登場するスカイワープのプロポーションを見事に再現。

 

全身フルポーザブル仕様の完全変形フィギュアなので、劇中での印象的なポーズも思いのままに楽しめます。ノーマルフェイスの他に、交換用フェイス(微笑み/嘲笑い/驚き)が付属しており、それぞれのパーツに差し替えることでサンダークラッカーの異なる表情を演出することができます。

 

胸部のハッチを開くとクラスターミサイルが出現します。

 

飛行能力を持つスカイワープは、その名の通り、空間をワープする能力を使って敵対する者を翻弄してみせました。付属のエフェクトパーツを取り付けることで、両肩に装備されたナルビーム砲の発射シーンや両足のジェットト噴射をイメージしたポージングも可能。画面狭しとアニメ劇中で縦横無尽に活躍するスカイワープの勇姿を再現することができます。

 

劇中設定に準じてメガトロンガンが付属。付属のエフェクトパーツを取り付けることで発射シーンを再現することもできます。

 

ビークルモードの機体である「F-15イーグル」は、米国ボーイング社からライセンスを取得した本格的な仕様で、付属のエフェクトパーツを取り付けることで、飛翔シーンやジェット噴射をイメージしたディスプレイが楽しめます。

 

機首と風防の開閉が可能。車輪も引き出して着陸状態を再現することもできます。

 

各種エフェクトパーツ、メガトロンガン、交換用フェイス(驚き/微笑み/嘲笑い)×1、ディスプレイ用ベースのTFパワーベース(ベースAとベースBの2種)、アダプター、アーム等が付属しています。

 

本商品はタカラトミーの公式通販サイト「タカラトミーモール」専売商品です。購入方法については、「タカラトミーモール」でご確認ください。

 

さらにタカラトミーでは、2021年6月に発売される「MP-52 スタースクリームVer.2.0」と2021年9月に発売される「タカラトミーモール限定 MP-52+サンダークラッカーVer.2.0」、そして、この「タカラトミーモール限定 MP-52+SWスカイワープVer.2.0」の3種を購入すると、応募者全員に「MP-52スタースクリームVer.2.0用新破壊大帝パーツセット」がゲットできる「ジェットロンキャンペーン」を実施(※送料のみ自己負担となります)。あのスタースクリームの戴冠式シーンを再現できる貴重なパーツセットです。詳細は「タカラトミーモール」にてご確認を!

 

DATA

タカラトミーモール限定

トランスフォーマー MP-52+SW スカイワープVer.2.0

  • セット内容:スカイワープVer.2.0本体×1、ナルビーム砲×2、交換用フェイス(驚き)×1、交
    換用フェイス(微笑み)×1、交換用フェイス(嘲笑い)×1、メガトロンガン×1、エフェクトパーツ(A)×1、エフェクトパーツ(B)×2、エフェクトパーツ(C)×1、エフェクトパーツ(D)×1、アダプター×1、TFパワーベース(ベースA)×1、TFパワーベース(ベースB)×1、アーム×1、キャラクターカード×1,、取扱説明書×1
  • 対象年齢15歳以上
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:27,500円(税込)
  • 2021年12月下旬発売予定

※国内タカラトミーモール専売商品。
※画像は試作品の為、最終仕様と形状、カラーリングが異なる場合があります。

(C)TOMY
Produced under license from Boeing,Boeing,F-15,the distinctive Boeing logos, product markings and trade dress are trademarks of The Boeing Company.

関連情報

 

関連記事

上に戻る