『仮面ライダー電王』仮面ライダーゼロノスのベルトが「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」に登場!ゼロノスカード3種、ライダーチケット2種が付属

大人のための変身ベルト「COMPLETE SELECTION MODIFICATION」シリーズの最新作として2007年~2008年に放送された『仮面ライダー電王』に登場する仮面ライダーゼロノス/桜井侑斗(演:中村優一氏)が使用する「CSMゼロノスベルト」が登場! プレミアムバンダイで2021年5月27日(木)11時より予約開始!

 

 

劇中では、ゼロノスベルト中央のバックル部分にゼロノスカードを挿入することで、仮面ライダーゼロノスに変身します。本セットは、ゼロノスベルト一式と変身の際に使用するゼロノスカード3種、ライダーチケット2種が付属します。ゼロノスカードは両面の組み合わせが、アルタイル⇔ベガ、ベガ⇔ゼロ、ゼロ⇔アルタイルの3種となっており、ゼロ⇔アルタイルのカードは初の商品化です。

 

 

ゼロノスベルト本体のレバーを引くと変身待機音が発動し、ゼロノスカードをセットすると仮面ライダーゼロノスへの変身音が発動! 変身音以外にも、ベルト接続音・電仮面可動の劇中サウンドなども再現。また、第40話に登場した仮面ライダーゼロノスの最終形態であるゼロフォームへの初回変身音も収録されています!! また、ゼロノスベルト本体のフルチャージ後、カードを引き抜いた後、ゼロノスの武器であるゼロガッシャー・デネビックバスターの必殺技音が発動します。

 

▲ゼロノスカード(アルタイル⇔ベガ)

 

▲ゼロノスカード(ゼロ⇔アルタイル)

 

▲ゼロノスカード(ベガ⇔ゼロ)

 

▲ライダーチケット(2種)

 

本商品には、ゼロノスベルトの使用者である桜井侑斗役・中村優一氏、桜井侑斗のイマジンであるデネブ役・大塚芳忠氏の新規音声が多数収録。ゼロノスベルト本体の侑斗台詞ボタン、デネブ台詞ボタンを押すと音声が発動します。またベルト背面のスイッチ操作により、変身時・必殺技時に効果音とセリフが重なって鳴る「侑斗・デネブボイスモード」と「デネブボイスモード」を搭載。BGMは「Action-ZERO」をはじめ、劇中の印象的なBGMが多数収録され、変身時に自動再生される「スタンバイモード」が実装されています。

 

さらに、本商品の発売を記念して桜井侑斗役・中村優一氏のスペシャルインタビューとプロモーションビデオが公開予定! こちらもお見逃しなく!

 

DATA

CSMゼロノスベルト

  • 素材:
    ゼロノスベルト一式…ABS・PC・PVC・ナイロン
    カードホルダー…ABS・ナイロン
    ゼロノスカード…ABS
    ライダーチケット…PET
  • サイズ:
    ゼロノスベルト本体…H約95mm×W約216mm×D約80mm(胴回りサイズ:約73cm~100cm)
    カードホルダー…H約105mm×W約75mm×D約37mm
    ゼロノスカード…各H約86mm×W約60mm×D約4mm
    ライダーチケット…H約86mm×W約60mm
  • セット内容:ゼロノスベルト一式…1、カードホルダー…1、ゼロノスカード、(アルタイル⇔ベガ、ベガ⇔ゼロ、ゼロ⇔アルタイル)…各1、ライダーチケット(ゼロノス、ブランク)…各1、取扱説明書…1
  • 対象年齢:15歳以上
  • 生産エリア:中国
  • 発売元:バンダイ
  • 価格:18,700円(税込)(送料・手数料別途)
  • 予約期間:2021年5月27日(木)11時~2021年7月27日(火)23時予定
  • 2021年11月お届け予定
  • 販売ルート:バンダイナムコグループ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」、ほか

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売終了となることあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更となる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。
※日本国外で販売する可能性があります。

 

『仮面ライダー電王』について

2007年~2008年に放送された平成仮面ライダー第8作目。未来からの侵略者「イマジン」。彼らは過去を改変することで未来を変えようとしていた。謎の乗車券「ライダーパス」を拾った”運がとてつもなく悪い”青年・野上良太郎は、時を越える列車「デンライナー」と遭遇し、イマジンのモモタロスに憑依されてしまう。だが良太郎は、自分に憑りついたイマジンの制御や、仮面ライダー電王への変身が可能な存在「特異点」であった。良太郎はモモタロスをはじめとする味方のイマジンたちと協力しながら、時の運行を守る戦士・電王として戦いを繰り広げる。

 

(C)石森プロ・東映

関連情報

 

関連記事

上に戻る