『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」より藤岡建機氏描き下ろしのイラスト連載、更新!! 今回の描き下ろしメカニックは……!? 【連載】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

先月の「ラブストカル」から連載が再開した『A.O.Z Re-Boot』。今回は2タイプのMSを紹介。それぞれ既存MSのリファインバージョンと言えるものだが、藤岡建機氏ならではのデザインと詳細な設定は必見です!

 

アイキャッチ-1

 

今回紹介するのは、火星独立ジオン軍(ジオンマーズ)の主力機である、AMX-011G ザクⅢとAMX-009G ドムⅢ(ドライ)の2機。両機ともにハマーン・カーンのネオ・ジオンが開発・使用していたザクⅢとドライセンを原型機としています。それらの設計データを入手、火星プラントで建造されたこれらのMSは、ゲリラ活動を行う貴重な戦力であると同時に、ジオンであることを自認する彼らの誇りでもありました。

 

■AMX-011G ザクⅢ

ザクⅢをベースに、空間用装備などを取り外し陸戦タイプに改修した機体。「運用環境に合わせて仕様を変更する」というコンセプトを持つザクⅢは、こうした改修も容易であったと思われる。原型機に比べ、よりザクⅡに近い形状をしている。武装はビーム・マシンガンだが、形状からガトリング・タイプであることが分かる。

P01-02_ph02-1

 

■AMX-009G ドムⅢ
ドライセンをベースとした機体で、改修コンセプトはザクⅢと同じ。背面のホバーユニットはザクⅢと共通で、脚部のホバーなどと合わせて重力下において極めて高い機動力を発揮する。ドムⅡ(ツヴァイ)に連なるドム系の機体として、ドムⅢと呼ばれている。武装もドム系のそれを踏襲している。

P01-02_ph07-1

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

 

<関連情報>

コミック『A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-』連載中

 

<関連記事>
『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

(C)創通・サンライズ
イラスト/藤岡建機

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery