『蜘蛛ですが、なにか?』主人公「私」が最終進化形態・アラクネの姿でフィギュア化!パーツ差し替えで人型・白織の姿も再現可能!

大人気小説『蜘蛛ですが、なにか?』より、主人公「私」がKDcolle(KADOKAWAコレクション)から1/7スケールフィギュア化! 電撃屋、カドカワストア、エビテン、キャラアニ.com、あみあみ限定で登場です。

 

『蜘蛛ですが、なにか? Ex』ピンナップにも使用された原作イラストレーター・輝竜司氏によるイラストをモチーフに、「私」の最終進化形態「アラクネ」の姿を大迫力の造形で忠実に再現! 上半身の艷やかなボディラインと下半身の蜘蛛部分のリアルな表現とのコントラストが素晴らしく、眺めるアングルによって色々な表情を見せてくれる仕上がりとなっています。

 

思わず見惚れてしまうほどの美しさを放つ、柔和な笑顔を浮かべた表情がステキ! 腰回りの毛の質感や小指がピンと伸びた左手の表現など、細かな部分の作り込みにも抜かりはありません。

 

また、パーツ差し替えによって人型状態の「白織」の姿でもディスプレイが可能という超豪華仕様! 女性らしいしなやかなプロポーションはもちろん、ふわりと流れるボリュームたっぷりのロングヘアーや美しい大鎌なども注目です。

 

もちろん、下半身の蜘蛛ヘッドも単体でのディスプレイも可能! 鋭い脚や顎は先端までシャープに仕上げられており、繊細な陰影の塗装も相まってこの状態だけでも見応え十分ですね。

 

さらに、蜘蛛頭部パーツ内部に「ミライト(発売元:ヒロミ産業/別売り)」をセットすることで、目を妖しく光らせた状態でもディスプレイ可能です。

 

モチーフイラストを使用した布ポスター付きスペシャルセットも要チェック!

カドカワストア、電撃屋、エビテンでは、フィギュアのモチーフになった輝竜司氏によるイラストを使用したB2布ポスターが付属するKADOKAWAスペシャルセットも同時登場! 予約受付は2021年9月1日(水)までとなっていますので、ファンの方はお買い逃がしなく!!

 

DATA

原作版 「私」アラクネ/白織(通常版/KADOKAWAスペシャルセット)

  • PVC製塗装済み完成品
  • 1/7スケール
  • 全高:約240mm
  • 原型:あきもふ
  • 彩色:taumokei
  • 企画:カドカワBOOKS編集部
  • 制作:KDcolle(KADOKAWAコレクション)
  • 発売元:KADOKAWA
  • KADOKAWAスペシャルセット特典:B2布ポスター
  • 価格:通常版/31,350円(税込)、KADOKAWAスペシャルセット/33,000円(税込)
  • 2022年6月発売予定

(C)Okina Baba, Tsukasa Kiryu 2021

関連情報

 

関連記事

上に戻る