「レーザーミニ四駆」の伝説が幕開け!『MINI 4 KING』の主人公マシン「ロードスピリッツ」発売!!

『コロコロコミック』で連載がスタートする、武井宏之氏原案の注目漫画作品『MINI 4 KING』(ミニヨンキング)。その主人公・工藤モー太が駆るマシン「ロードスピリット」が、ミニ四駆の新シリーズである「レーザーミニ四駆」のスターティングアイテムとして発売決定! シャーシには軽量・コンパクトで実戦向きのVZが採用されています。

 


シャフトドライブ四輪駆動を採用した、高性能レーサーのプラスチックモデル組み立てキットです。ホワイトカラーのボディは、後方に向けてぐっと絞りこまれたフロント部分と、ルーフの2パーツで構成。低く構えたシャープなスタイリングがスピード感たっぷりです。

 


ホワイトに映えるレッドのグラフィック、マシン名のロゴなどはメタリック調のステッカーで表現されています。

 


コロコロコミックにて連載が開始される『MINI 4 KING』(原案:武井宏之、漫画:今田ユウキ)で、大興奮の走りを見せるマシンが「レーザーミニ四駆」です。武井宏之氏がデザインを手がけたマシンたちは、個性を強力にアピールする専用パーツを搭載しているのが特徴。専用パーツはビス止めで手軽に取り付けできるシンプルな構造ながら、グレードアップパーツに引けを取らない効果を発揮して、ハイレベルな走行が楽しめます。さらに、マシンによってパーツの形状や特性、カラーリングは様々なので、コレクションとカスタマイズの面白さもいっぱい。『MINI 4 KING』のストーリーと合わせて大注目のシリーズです。

 


物語でも重要なアイテムとなる、ロードスピリット専用パーツ。角のように突き出したフロントスタビライザー、マシン下面に取り付けるリヤブレーキ、厚みのある形が特徴的なリヤハイトローラーが、高速走行時の安定性をプラス。迫力あふれるシルエットと、クリヤーブルーグリーンの美しい質感も魅力です。

 


「フロントスタビライザー」は、ロードスピリット専用に開発されたブルーグリーン色のクリヤーパーツ。角のように突き出したインパクト抜群のスタイルだけでなく、マシン走行時の機能も兼ね備えています。

 


コーナリング中にマシンが外側に傾いた時にコースフェンスに接触して傾きをおさえ、コースアウトを防止。別売のグレードアップパーツを使用しなくても、スタビライザー効果が得られます。

 


リヤステーには、新規開発の「リヤハイトローラー」と「リヤブレーキ」を装備。ステー上に8ミリ厚のハイトローラー、下には直径14ミリのプラローラーを装着するダブルローラー仕様が、フロントスタビライザーとともに、さらに安定した走りを実現。

 


上り坂に進入した際に、ブレーキが接地しスピードを落とすことでコースアウトを防止する「リヤブレーキ」は、装着時にスペーサーの前後の向きを逆にすると、角度が異なるAとBの2つの仕様が選べ、ブレーキの利きが調整できます。

 


Bを選択すると、Aの標準ブレーキに比べて路面への接地が早く始まり、ブレーキが長く利くので、スピードをおさえられ安定性が高まります。

 


タイヤとホイールは大径タイプ。専用のディッシュホイールはタイヤをシャフトに差し込む際に、しっかりと力を伝える形です。他のホイールに比べて簡単に組み立てができます。

 


こちらのパッケージが目印!

 

DATA

1/32 レーザーミニ四駆シリーズ No.1
ロードスピリット(VZシャーシ)

  • プラモデル
  • 1/32スケール
  • 全長:約158ミリ
  • 価格:1,320円(税込)
  • 発売元:タミヤ
  • 2021年8月28日(土)発売予定

※写真はキットを組み立て、塗装したものです。
※走行には単3形電池2本が必要です。

関連情報

 

関連記事

上に戻る