マリアナ沖海戦時の姿で戦艦「長門」がハセガワより1/350スケールでキット化!エッチングパーツ付属の特別仕様!!

大戦期の日本海軍戦艦「長門」が、1/350のビッグスケールでハセガワよりキット化! 商品では第一機動艦隊乙部隊に所属したマリアナ沖海戦時(1944年6月)の姿を再現します!

 

マリアナ沖海戦時の長門は、25mm三連装機銃4基、25mm連装機銃10基、25mm単装機銃2基の対空機銃を装備していました。マリアナ沖海戦では米艦載機と交戦し、初の対空戦闘を経験。帰投後に対空兵装が強化されました。パッケージイラストは加藤単駆郎氏が担当。

 

専用エッチングパーツが付属します。

 

DATA

日本海軍 戦艦 長門 “マリアナ沖海戦”

  • プラモデル
  • 1/350スケール
  • 全長:約643ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:22,000円(税込)
  • 2021年12月26日(日)発売予定

※画像はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

関連情報

 

関連記事

上に戻る