ハセガワにて完全新金型でキット化された「マツダ サバンナ RX-7」の完成見本写真が到着!孤高のピュアスポーツの姿を最終確認!

1978年にデビューしたロータリーエンジン搭載のスポーツカー「マツダ サバンナ RX-7」。若者から愛されたこの車の前期型・最上位グレード「Limited」を完全新金型で再現した1/24スケールキットがハセガワより発売です! 以前に開発用3DCGで紹介したアイテムの完成見本写真が届いたので、その美しいシルエットを改めて確認しましょう!

 

「マツダ サバンナ RX-7」は、高出力でありながらコンパクトなロータリーエンジンをフロントの車体中心近くに配置する「フロントミッドシップ」により軽快な操縦性を実現し、若者を中心に人気を集めアメリカでも高い支持を得ました。

 

「フロントミッドシップ」を採用したことによるノーズが低いスポーツカーらしいスタイルを再現。ボディパーツカラーはグリーン。専用アルミホイール、ヘッドライトの内部、ミラー、エンブレムをシルバーメッキパーツで再現。窓の塗り分けシールが付属します。

 

リトラクタブルヘッドライト(可倒式前照灯)は開閉可能。

 

車内インテリアも実感豊かに再現。シートのチェック模様はデカールで再現可能です。

 

足回りのメカニカルな作り込みも注目です。

 

DATA

マツダ サバンナ RX-7 (SA22C) 前期型 リミテッド

  • プラモデル
  • 1/24スケール
  • 全長:約180ミリ
  • 発売元:ハセガワ
  • 価格:3,520円(税込)
  • 2021年10月30日(土)発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

関連情報

 

関連記事

上に戻る