アメリカ軍「M4自走迫撃砲」と中期生産型の「M7プリースト」をドラゴンより1/35スケールでキット化!プラッツより国内販売!!

アメリカ軍が配備・運用する「M4自走迫撃砲」と中期生産型の「M7プリースト」を、中国の模型メーカー・ドラゴンが1/35スケールでキット化! いずれもドラゴン製品ならではのシャープで繊細な成型技術でモデル化されています。プラッツからの国内販売です。

 

1/35 WW.II アメリカ陸軍 M4自走迫撃砲(MMC)

M4 自走迫撃砲(M4 MMC:Mortar Motor Carriage)は、M2ハーフトラックの車体をベースとする、大戦初期に約500輌が生産された車輌です。M2ハーフトラックの後部兵員室内に81mm迫撃砲と迫撃砲弾を搭載し、各弾薬収納箱に合計で96発の迫撃砲弾を搭載していました。搭載されていた81mm迫撃砲は、通常は地面に降ろしてから射撃することになっていましたが、緊急時には車上から後方に射撃も可能でした。

 

M4専用パーツとして、M4専用兵員室、81mm迫撃砲&砲弾、M4専用サイドアーマー、81mm迫撃砲マウントベース、M4専用シート、ワイパーなどを再現。マッドフラップには専用エッチングを採用。後部ドアは開閉選択可能。フロントウインドシールドは透明パーツで再現。シャープなモールドで迫力あるハーフトラックを再現可能です!

 

DATA

1/35 WW.II アメリカ陸軍 M4自走迫撃砲(MMC)

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • 発売元:ドラゴン
  • 販売元:プラッツ
  • 価格:8,360円(税込)
  • 2021年11月発売予定

※写真はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

1/35 WW.II アメリカ陸軍 M7プリースト 中期生産型 マジックトラック付き

モデルはアメリカ陸軍が開発した105mm自走榴弾砲M7プリーストの中期生産型を再現。足回りには組み立て式のマジックトラック履帯を採用。スライド金型を使ってエンドコネクターも詳細に再現、M3型ボギーサスペンションとともに足元を引き締めます。もちろん、中期生産型ならではの砲弾ケースを保護するための起倒式側面装甲板を取り付けた形状をしっかりと再現。戦闘室は主役の105mm榴弾砲のみならず、操縦席のディテールなども細かく表現され、メカニカルな仕上がりです。主砲砲身にはライフリングが刻まれたアルミパーツを用意。砲基部のブリーチも詳細に再現されています。独特なスタイルが魅力の自走砲は作りごたえも十分です。

 

DATA

1/35 WW.II アメリカ陸軍 M7プリースト 中期生産型 マジックトラック付き

  • プラモデル
  • 1/35スケール
  • 全長:約170ミリ
  • 発売元:ドラゴン
  • 販売元:プラッツ
  • 価格:8,580円(税込)
  • 2021年11月発売予定

※写真はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

関連情報

 

関連記事

上に戻る