アニメ『聖闘士星矢』放送35周年を記念したロゴが解禁!姫野美智氏による描きおろしの黄金聖闘士も順次解禁決定!!

1986年10月11日から放送を開始したアニメ『聖闘士星矢』が、2021年にアニメ化35周年を迎えます!

 

 

『聖闘士星矢』は1985年から連載を開始した、車田正美氏原作の大人気漫画で、現在も数々の作品が発表され続けています。『聖闘士星矢』の新装版『聖闘士星矢 Final Edition』が現在発売中。フルCGアニメでの『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』(NETFLIXにて配信中)や、先日もハリウッドでの実写化が発表されたばかりの『聖闘士星矢』。

 

放送からちょうど35年経った2021年10月11日(月)より、アニメ『聖闘士星矢』35周年のアニバーサリーイヤーがスタートします! そのスタートを飾るべく、アニメ35周年を記念した、ロゴが解禁となりました。

 

さらに、35周年を記念して、黄金聖闘士のシルエットが新たに解禁! こちらの絵は、35周年を記念して、姫野美智氏が描きおろしたビジュアルとなり、35周年を通してさまざまな場所で徐々に明らかとなっていくとのことです。35周年を迎える『聖闘士星矢』の情報に今後も期待が高まります!

 

『聖闘士星矢』について

1985年より『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した、車田正美氏の漫画で、「聖衣(クロス)」と呼ばれる星座をモチーフとした鎧や、ギリシア神話を題材にした物語が人気を博しました。1986年にテレビアニメ化し、CGアニメや実写映画化など、幅広く展開をし続けています。

 

(C)車田正美・東映アニメーション

関連情報

 

関連記事

上に戻る