「角川武蔵野ミュージアム」や「高輪ゲートウェイ駅」が手のひらサイズに!世界的建築家・隈研吾氏の名建築のミニチュアコレクション!!

ケンエレファントから、木造建築を得意とする、日本を代表する建築家・隈研吾氏が手がけた建築物をミニチュアフィギュア化した「隈研吾 ARCHITECTURE MINIATURE COLLECTION」が登場! カプセルトイとブラインドBOX、2つの形態で2022年1月下旬より発売されます。

また現在、ケンエレファントのオンラインショップでは、ブラインドBOXの6個入りパックが予約受付中となっています。

 

 

隈研吾氏は、国立競技場や歌舞伎座など、建築ファン以外にも広くその名を知られる巨匠です。さまざまな業界の企業の公式ミニチュアフィギュアを生み出し続けるケンエレファントは、隈研吾建築都市設計事務所から許諾を得て、隈氏が手がけた日本国内の建築物を手のひらサイズで再現した本アイテムがリリースされる運びとなりました。

 

 

浅草のシンボル「浅草文化観光センター」は印象的なガラスと木製ルーバーの外観を忠実に再現

本コレクションのラインナップは、「高輪ゲートウェイ駅」「角川武蔵野ミュージアム」「Sunny Hills」「浅草文化観光センター」の全4種です。

浅草のシンボルともいえる「浅草文化観光センター」は、ガラスと木製のルーバーを組み合わせた斬新なデザインが特徴の複合施設。ガラスの透明感はクリアパーツで、木製のルーバーは「タンポ印刷」で表現しています。さらに、最上階となる展望台の屋根にある日差しを取り入れる窓は、エンボス加工を用いて表現。屋根にグラデーション塗装を施すことで、日差しが建物の中へ抜けているようなイメージを表現しています。

本物の建造物は大きくて見上げることしかできませんが、ミニチュアフィギュアならば、上から全貌を見ることが可能! 憧れの名建築を手にのせて、独り占めすることができるコレクションとなっています。

▲浅草文化観光センター(高さ:約65ミリ)

 

▲角川武蔵野ミュージアム(高さ:約24ミリ)

 

▲Sunny Hills(高さ:約37ミリ)

 

▲高輪ゲートウェイ駅(幅:約89ミリ)

 

 

DATA

隈研吾 ARCHITECTURE MINIATURE COLLECTION

  • カプセル商品、ブラインドBOX商品
  • 全4種
  • ラインナップ:浅草文化観光センター、角川武蔵野ミュージアム、Sunny Hills、高輪ゲートウェイ駅
  • 素材:ABS、PVC
  • 企画制作・発売元:ケンエレファント
  • 価格:カプセルトイ…1個500円(税込)、ブラインドBOX…1個550円(税込)
  • 2022年1月下旬発売予定
  • 販売ルート:全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ロフト(一部店舗)、一部書店、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店・新小岩駅店、上野ランドなど

※実際の製品とは、仕様が異なることがあります。
※本商品の対象年齢は15歳以上です。
※商品は中身が見えないブラインド仕様での販売となります。商品を選んで購入することはできません。

 

(C)KENGO KUMA & ASSOCIATES
JR 東日本商品化許諾済

関連情報

 

関連記事

上に戻る