『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』どこまでもミステリアスな忍野扇フィギュア(コトブキヤ)を、白虎かなめが製品レビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

テレビアニメ『〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』で登場した謎のキャラクター忍野扇。ミステリアスに登場人物を翻弄する彼女に引きこまれた人も多いのではないでしょうか。そんなグッドなタイミングで扇ちゃんのフィギュアがコトブキヤからリリースされました! 普通の可愛らしさや色っぽさとは異なるベクトルの魅力を持つ彼女。フィギュアはどんなアプローチでまとめているのか、原作から扇ちゃん好きだった私・白虎かなめは興味津々なのでした。それでは「おうぎフィギュア(こう書くと作品サブタイトルっぽい笑)」を読み解いていきましょう。

(撮影・文/白虎かなめ @kanamebyakko

 

まずパッケージ状態。名前が天地逆に入っていたり、扇ちゃんらしい仕込みが楽しいデザインです。

ohgi_review_20151224_01

 

物語世界でも独特の立ち位置で阿良々木暦に関わり続ける不可解な少女。掴みどころのない彼女らしい、ゆらりと宙を漂うようなポージング。なびく髪の立体的な造形にも注目です。
ohgi_review_20151224_02 ohgi_review_20151224_03 ohgi_review_20151224_04

 

吸い込まれそうな漆黒の瞳に挑戦的な微笑み。見るものを試すような独特の表情は雰囲気バッチリです。
ohgi_review_20151224_05

 

翻る制服から見える、お腹や太股が絶妙。複雑に揺らぐ袖は非常に不思議な造形。見るアングルで様々な面白さを発見するでしょう。
ohgi_review_20151224_06 ohgi_review_20151224_07

 

扇ちゃんのチャームポイントといえばタイツに包まれた脚線美だと思うのです。どうです? このしなやかなライン!
ohgi_review_20151224_08

 

「くらやみ」をイメージしたというベース。指状の物体は半透明で、内部に封入されたラメ状のキラキラが透けて見え、非常におもしろい質感です。
ohgi_review_20151224_09

 

ポーズ、翻った衣装の演出、シンプルゆえ難しい表情の再現、凝った構造が楽しいベースなどなど……。外箱からフィギュアの細部まで、どこまでも忍野扇的なファン納得のフィギュアでした。他のヒロインにない深いミステリアスさを持った彼女は、物語シリーズフィギュアのコレクションから外せない存在。その微笑みは見るほどに虜になる魔力を放っているようです!
ohgi_review_20151224_10

 

<DATA>
忍野扇
【〈物語〉シリーズ セカンドシーズン】
■PVC製塗装済完成品(一部ABS製)
■1/8スケール
■全高:約20センチ
■原型:ko_nen
■製作協力:かめのこ
■発売:コトブキヤ
■価格:8,200円(税別)
■発売中

 

<関連情報>
コトブキヤ
コトブキヤ「忍野扇」製品ページ
コトブキヤ「忍野扇」販売ページ
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 公式サイト

 

 

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery