ノスタルジックサウンド仕様の「のぞみ」30周年記念 300系と北斗星DD51重連仕様がプラレールに登場!

タカラトミーより、プラレール「「のぞみ」30周年記念 300系ノスタルジックサウンド仕様」と「最後のブルートレイン 北斗星DD51重連仕様」が登場! 2022年3月24日(木)に発売されます。

 

 

「のぞみ」30周年記念 300系ノスタルジックサウンド仕様

2022年に30周年を迎えた「のぞみ」は、1992年に300系新幹線で初めて名付けられ誕生しました。300系新幹線は、1992年から東海道新幹線で営業運転を開始した第3世代の車両で、それまでの「こだま」「ひかり」より速い「のぞみ」用として開発されました。その後、長年にわたり活躍しましたが、2012年3月16日に“さよなら運転”を行い営業運転を終了しました。

 

本商品は4両編成で、当時を思い出させるメロディとアナウンスを収録したノスタルジックサウンド仕様になっています。サウンドは車両が走る時や停車時などに聞くことができます。また、3両目には初期のパンタグラフをイメージしたデザインが施されています。

※アナウンスはプラレール用にアレンジされています。

 

 

DATA

「のぞみ」30周年記念 300系ノスタルジックサウンド仕様

  • 対象年齢:3歳以上
  • 使用電池:単3形アルカリ乾電池1本使用、単4形アルカリ乾電池2本使用(電池は別売です)
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:5,500円(税込)
  • 2022年3月24日(木)発売予定

※レールは別売りです。

 

 

最後のブルートレイン 北斗星DD51重連仕様

寝台特急「北斗星」は1988年(昭和63年)3月、青函トンネル開通に合わせ登場した豪華寝台特急列車です。上野~札幌間を結び、函館から札幌までをDD51の重連運転で運行されました。2015年3月に定期運用を終え、同年4月より臨時列車として運行されましたが8月22日で運行終了となり「ブルートレイン」の歴史にも幕を閉じることになりました。

 

本商品は5両編成で、先頭車両以外の4両にはプラキッズが乗車できる仕様になっています。付属する2体のプラキッズで、北斗星の旅を楽しむような遊びができる商品です。

 

 

DATA

最後のブルートレイン 北斗星DD51重連仕様

  • 対象年齢:3歳以上
  • 使用電池:単2形アルカリ乾電池1本使用(電池は別売です)
  • 発売元:タカラトミー
  • 価格:5,500円(税込)
  • 2022年3月24日(木)発売予定

※レールは別売りです。

 

JR東海承認済 企画協力:ジェイアール東海エージェンシー
JR北海道商品化許諾済 JR東日本商品化許諾済
(C) TOMY

関連情報

 

関連記事

上に戻る