核誠治造「ROBOT BUILD」シリーズ最大ボリュームの変形モデル!重厚なボディと巨大な武装が特徴的な機動兵器がアクションフィギュア化!

更新日:2022年3月8日 11:42

核誠治造のアクションフィギュア「ROBOT BUILD」シリーズより、最大ボリュームの変形モデル「RB-11 TAITANK“影虎”」が登場! 2022年5月発売予定です。

 

中国で人気のメカ系漫画家であるLAS91214氏とのコラボ製品の第3弾である本アイテム。重厚なボディと巨大な武装が特徴的な、重戦闘タイプの機動兵器で、ロボット状態では長大なレーザーキャノンを装備した重装タイプと、ボックス形状のマシンガンを持つ軽装タイプの選択が可能。さらに、組み換えでタンク形態に変形させることができ、3種の形態が楽しめるプレイバリューの高さが魅力的です。

 

重戦闘タイプのイメージを再現するために、「ROBOT BUILD」シリーズ最大ボリューム、最多パーツの製品に。シリーズ共通の基本仕様どおり、関節の可動範囲が広く、さまざまなポーズづけが可能。また、各部ジョイントは直径4ミリの共通規格で、既存シリーズ製品とも組み替えられます。さらに、おまけパーツとして各部の取り付け穴を3ミリ径に変換するカバーパーツが付属。軸径3ミリの自作パーツなどを取り付けることも可能。

 

DATA

RB-11 TAITANK“影虎”

  • ABS&PVC製塗装済み可動フィギュア
  • ノンスケール
  • 全高:約158mm(頭頂部まで)
  • 製造元:核誠治造(EARNESTCORE CRAFT / アニスコル)
  • 販売元:ウェーブ
  • 価格:10,780円(税込)
  • 2022年5月発売予定

 

(C)Earnestcore Craft (R) All rights reserved

関連情報

 

関連記事

上に戻る