『メタルスキンパニック MADOX-01』スレイヴ・トルーパー「MADOX-01」が初プラモデル化!頭部ハッチ、背面ユニットの開閉も再現!

更新日:2022年3月4日 13:50

『メタルスキンパニック MADOX-01』より、スレイヴ・トルーパー「MADOX-01」がMODEROIDで初のプラキット化! グッドスマイルカンパニーから2022年9月発売予定です。

 

装甲・関節部がそれぞれ成形色で色分けされており、組み立てるだけで劇中イメージさながらの姿を再現可能。頭部バイザーにはクリアパーツが使用されています。また、35mmオートカノン、大型ガトリング砲が付属し、弾帯は軟質パーツを採用。差し替えによりホバー形態も再現可能です。

 

右腕に対戦車ミサイル、12.7mm機関砲を装備可能。手首はクローと指の選択ができます。そのほかナックルガードの再現や、頭部ハッチの閉開、背面ユニットの開閉ギミックにも注目です。

 

DATA

MODEROID MADOX-01

  • 組立て式プラスチックモデル
  • ノンスケール
  • 全高:約120mm(頭頂高)
  • 原型:リキッドストーン
  • 制作協力:瑞穂町デザインチーム、宮内 利尚
  • 発売元:グッドスマイルカンパニー
  • 価格:7,900円(税込)
  • 2022年9月発売予定

 

(C)AIC ライツ・AMG・ポニーキャニオン

関連情報

 

関連記事

上に戻る