新しいガンダムのパチンコ「フィーバー 機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-」発表! 発表会場には全長6メートルのガンダム立像も!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

パチンコメーカーSANKYOから、ガンダムを扱ったパチンコの新機種「フィーバー 機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-」が発表されました。

 

06.フィーバー機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-【1_319タイプ】04

 

同社からはこれまで、2機種のガンダムのパチンコがリリースされており、今回で3機種目となります。今回は、題名に「LAST SHOOTING」とあるように、ガンダムのラストシューティング時の立体物が飛び出るギミックが用意されています。

 

▲普段は隠れていますが、ここぞという時にラストシューティングのガンダムが飛び出してきます。

▲普段は隠れていますが、ここぞという時にラストシューティングのガンダムが飛び出してきます。

 

また、大当たりに至るまでや、至ったあとの演出も工夫が凝らされていて、数々の映像も迫力のあるものでした。

 

▲ララァ・スンが大写しになる演出も。

▲ララァ・スンが大写しになる演出も。

 

▲チャンス時には「ララァZONE」なる演出が!

▲チャンス時には「ララァZONE」なる演出が!

 

▲「ニュータイプゾーン」も、出玉に期待できる演出とのこと。

▲「ニュータイプゾーン」も、出玉に期待できる演出とのこと。

 

▲「ニュータイプゾーン」では、アムロと一緒にアツくなることもできる!

▲「ニュータイプゾーン」では、アムロと一緒にアツく楽しめる!

 

▲ハモンさんも登場です。

▲ハモンさんも登場します。

 

▲「G-RUSH」という種類のボーナスになると流れるムービーです。

▲「G-RUSH」という種類のボーナスになると流れるムービーです。

 

▲「エルメスバトルBONUS」という当たりの画面です。キャラクターだけでなく、戦闘シーンもふんだんに挿入されていました。

▲「エルメスバトルBONUS」という当たりの画面です。キャラクターだけでなく、MSの戦闘シーンもふんだんに挿入されていました。

 

モビルスーツも大幅に追加され、MSVまで登場します。

 

▲メインビジュアルとなってるRX-78-2 ガンダム。デュアルアイの黒フチが細いほか、V字アンテナ基部の赤いパーツの大きさ、襟首の段差アレンジ、コクピット上部のディテールなど、特徴的なアレンジです。

▲メインビジュアルとなってるRX-78-2 ガンダム。デュアルアイの黒フチが細いほか、V字アンテナ基部の赤いパーツの大きさ、襟首の段差アレンジ、コクピット上部のヒンジっぽい(?)ディテールなど、よく見ると特徴的な描かれ方で、カッコイイです

 

▲「LAST SHOOTING」ということで、ジオングも派手に暴れ回ります。

▲「LAST SHOOTING」ということで、ジオングも派手に暴れ回ります。また、パーフェクトジオングも登場してしまいます!

 

▲MSVも。ザク・タンクです。

▲MSVも。ザク・タンクです。

 

▲MSV的モビルスーツとしてアッグガイや……

▲MSV的モビルスーツとしてアッグガイや……

 

▲アッグも!

▲アッグも!

 

 

パチンコとしての機能では、「ANSHIN5」(あんしん5)というコンセプトが特徴とのことで、ヘソ賞球がこれまで3球の機種が多かったところ5球にしたことで、よりユーザーが遊びやすくなったとのことです。

 

 

 

そして! 電撃ホビーウェブ的に注目なのが、発表会場に飾ってあった、ラストシューティングポーズをとる全長約6メートルのガンダム立像です! 造形はもちろん、各所のウェザリングも凝ったもので、まさにRx-78-2 ガンダムの最後の戦いを間近で見る思いでした。各部を撮影してきましたので、ご覧ください。

 

▲まずは全身から。

▲まずは全身から。

 

▲ライトアップされて美しかったです。周囲のア・バオア・クーの再現も迫力がありました。

▲ライトアップされて美しかったです。周囲のア・バオア・クーの再現も迫力がありました。

 

▲少し寄ってみました。サイズが大きいだけに、パースが付いて迫力が増します。

▲少し寄ってみました。サイズが大きいだけに、パースが付いて迫力が増します。ポージングも決まっています。

 

▲別の角度から。

▲別の角度から。

 

▲脇の下の造形。胸部ダクトは内部からのライトで光ります。

▲脇の下の造形。胸部ダクトは内部からのライトで光ります。

 

▲角度的に微妙ですが、破損した首にはむき出しのメカが。

▲角度的に微妙ですが、破損した首にはむき出しのメカが。ショートしているかのごとく、電飾されていました。

 

▲左腕の破損も再現。生々しく関節がむき出しになっています。

▲左腕の破損も再現。生々しく関節がむき出しになっています。

 

▲腰部アップその1。最後の戦いらしく、ウェザリングも派手に入っています。

▲腰部アップその1。最後の戦いらしく、ウェザリングも派手に入っています。

 

▲腰部アップその2。ヘリウムコアも激しい戦闘でボロボロの状態。

▲腰部アップその2。ヘリウムコアも激しい戦闘でボロボロの状態。

 

▲フクラハギアップです。

▲フクラハギアップです。

 

▲ヒザのウェザリングもかなり激しいですね。

▲ヒザのウェザリングもかなり激しいですね。

 

▲足首。カッコイイポージングのために、微妙に角度調整されていますね。

▲足首。カッコイイポージングのために、微妙に角度調整されていますね。

 

「フィーバー 機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-」は今春からパチンコ店に導入されるとのこと、派手な演出を楽しみに待ちましょう!

 

※ヘソというのは文 字通りパチンコ盤面の中央に位置する穴で、ここに球が入ることで盤面のデジタルが回り始めます。また、当然パチンコ台ですので、このヘソ穴に球が入ること で、賞となる球、つまり賞球も出てきます(大量に球が出てくる「大当たり」時とは別。一般的なパチンコ台は、どの穴に球が入っても、少し球が出てくる仕組 みになっています)。この賞球が、大半の機種では3球だったのに対し、本機は5球出てくるというわけです。1000円(240~250球分)使ってヘソ穴 に入る回数は、お店や台によって大きく違いますが、だいたい5回~20回の範囲内です。仮に20回ヘソ穴に球が入ったとして、賞球3球だと60個、賞球5 球では100個受け取れるので、その分ユーザーが長く遊べるというわけです。

 

<関連情報>

フィーバー 機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-公式サイト

 

 

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • Gframe05_EC
  • 20190412sugumikouhen01catch
  • 20190412sugumizenpen01catch
  • bppz1903_re01_ReZero_ec
  • bppz1903_re02_loveliveSS1_ec
  • ec_06
  • ec_ziou_00
  • ec_001