変形合体を再現したグレンラガンがRIOBOTシリーズでアクションフィギュア化!ダイキャストを使用した重量感、ドリルパーツやグレンウィングなど豊富なオプションに注目!

TVアニメ『天元突破グレンラガン』より、変形合体を再現したアクションフィギュア「RIOBOT 変形合体グレンラガン」が登場! 2022年3月23日(水)11時より予約受付が開始されています!

 

「ラガン」と「グレン」がセットになっているアイテム。2体が合体することで「グレンラガン」が完成します。全高は約210ミリで、「プライオボット グレンラガン」の約1.5倍。各部にダイキャストパーツをふんだんに使用し、重厚感あふれる仕上がりとなっています。劇中イメージを再現したプレーンかつケレン味溢れる造形にも注目です。また、両肩のシールドのグレン団マークはプリントで再現。トレードマークのグラサンはクリアパーツで表現。グレンの両目が透けて見えるなど、質感にもこだわっています。

 

背面に取り付け可能なグレンウィングが付属。両翼は折りたたむことが可能。また、専用台座を使用すれば、飛行シーンをイメージしたディスプレイも楽しめます。

 

大ボリュームのドリルや、両手に持たせられるグレンブーメランといったおなじみの武器も多数付属。さらに、クリアパーツで成形されたフルドリライズ用ドリルが全身のドリル発射口に取り付け可能。フルドリライズ形態も楽しめます。

 

全身フル可動に加え、両手は全指可動仕様。おなじみの天を指すポーズはもちろん、拳の形状も力がこもった印象にできます。また、グレンの各部に伸縮機構を搭載しており、合体前後、それぞれのプロポーションを両立。グレン特有の体型を再現しつつ、グレンラガン時にはマッシブで力強いスタイルを差し替えなしで再現可能。なお、カミナのミニフィギュアが付属。グレンの頭頂部に取り付け可能です。マントにはグレン団のマークをプリント。

 

眉間部分の可動ギミックにより、両目を大きく見開いたり、睨みをきかせたりと表情の変化も楽しめます。口が開閉し、胴のひねりによってさまざまなニュアンスづけが可能。

 

ラガンは全高約23ミリ。小さいながらも、腕部、脚部が可動します。頭部パーツの交換で、シモンを搭乗させることも可能。さらに、額と両腕にドリルを取り付け可能。顔パーツは歯を食いしばった表情も用意されています。また、両腕、両脚をたたみ、内部に収納されたドリルを展開すれば、ラガンインパクトも演出可能! なお、ラガン専用台座も付属します。

 

合体前でもプレイバリュー満点! グレンの手にラガンを握らせれば、「男の魂完全燃焼キャノンボールアタック」や、初合体時(失敗)の再現も楽しめます。

 

DATA

RIOBOT 変形合体グレンラガン

  • 塗装済み完成品アクションフィギュア
  • 素材:ABS・POM・PP・DIECAST・ATBC-PVC
  • 全高:約210mm(グレンラガン)
  • セット内容:グレンラガン本体(グレン、ラガン)、ドリル(2本)、フルドリライズ用ドリル一式、グレンブーメラン(2枚)、グレンウィング、ミニフィギュア(シモン、カミナ)、叫び顔、ミニ台座、台座
  • 設計:T-REX
  • フィニッシャー:早川洋司
  • 発売元:千値練
  • 販売元:ユニオンクリエイティブ
  • 価格:35,200円(税込)
  • 2022年12月発売予定

 

(C)中島かずき・今石洋之・プロジェクト「グレンラガン」

関連情報

 

関連記事

上に戻る