「RX-78-2 ガンダム、はやぶさ」と「ザクII、SLIM」の2種!相模原市オリジナルデザインの「ガンダムマンホール蓋」が市立博物館で展示!

相模原市オリジナルデザインの「ガンダムマンホール蓋」がバンダイナムコグループより寄贈! 2種類の相模原らしさの詰まったマンホール蓋が2022年4月13日(水)から5月8日(日)まで市立博物館にて展示されます。下水道の今昔について学べるミニ企画展もあわせて開催されます。

 

 

バンダイナムコグループ「ガンダムプロジェクト」が実施する「ガンダムマンホールプロジェクト」を通じて、2種類のデザインマンホール蓋が相模原市に寄贈。相模原市は「はやぶさ」を生んだJAXA相模原キャンパスが1989年に開設されたことをきっかけに、宇宙や銀河をテーマとしたまちづくりを進めています。今回は、そんな「はやぶさの故郷(ふるさと)さがみはら」の発展を願ってガンダムとコラボレーションしたマンホール蓋がデザインされたとのこと。

 

RX-78-2 ガンダム、はやぶさ

『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ ガンダム、そしてはやぶさも人の手により地球と宇宙を繋ぐメカとして認知されている親和性を表し、「はやぶさの故郷 さがみはら」を表現したデザインになっています。

 

 

ザクII、SLIM

月の裏側の宙域「サイド3」に位置するジオン公国軍の主力モビルスーツであるザクと、月へのピンポイント着陸を目指すSLIM(今年打ち上げ予定の探査機)との月を軸とした共通点が表現され、相模原市のこれからの発展にも期待を込めたデザインとなっています。

 

 

ミニ企画展も実施!

「ミニ下水道ワールド~こんじゃくものがたり編~」と題し、「下水道」ができる前と今、下水道は私たちの生活にどのように関わっているのか、「汚水処理システム」に着目して解説! 昔の私たちの生活で使っていた肥桶(こえおけ)も実際に見ることができます。マンホール蓋をきっかけに普段あまり目にする機会の少ない「下水道」について学んでみてはいかがでしょうか!

 

DATA

マンホール蓋・ミニ企画展

  • 期間:2022年4月13日(水)~5月8日(日)
  • 場所:相模原市立博物館

※開館スケジュールは公式サイトにてご確認ください。

 

あわせて小さな宇宙旅行はいかが?

JR横浜線淵野辺駅南口からJAXA相模原キャンパスに向かう自転車通行帯へ、小さな宇宙旅行をイメージした路面シートが設置。月、太陽のほか、太陽系の惑星を順番に辿るとJAXA相模原キャンパス&市立博物館へ到着! 「はやぶさの故郷 さがみはら」ならではの全12種類のデザインが楽しめます。

 

▲12種類の路面シート

 

※必ず歩道上で撮影してください

 

その他の展示スケジュール

市立博物館の他、市内巡回展示が実施されます。

  • 5月10日(火)~5月20日(金) 緑区合同庁舎エントランスホール
  • 5月24日(火)~6月3日(金) 南区合同庁舎ロビー

※ガンダムマンホール蓋は6月中旬にJR横浜線淵野辺駅北口およびJAXA相模原キャンパス正門前に設置予定です。

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る