「ガンプラ」のランナーをリサイクルするプロジェクトにて年間目標回収量の110%となる11トン超のランナーを回収!

バンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダムプロジェクト」が、ガンプラのランナー(プラモデルの枠の部分)をリサイクルし、循環型社会の形成に貢献していくことを目指した「ガンプラリサイクルプロジェクト」を通じて、ファンの協力のもと、2021年4月1日から1年間で年間目標回収量の110%となる11トンを超えるランナーを回収したと発表。

 

「ガンプラリサイクルプロジェクト」の2021年度の活動および実績について

初年度となる2021年度は、ランナーの目標回収量を1年間で10トンと設定し活動。ガンプラのランナー回収方法として全国の「namco」をはじめとするバンダイナムコアミューズメントの対象店舗約200カ所に専用のボックスを設置。ファンからの回収を受け付けたほか、「ガンダムR(リサイクル)作戦」と題したイベントのなかで、約4.4万人の方にエコプラ(生産の過程で出るプラスチックの廃材や回収した使用済みランナーを原料に生産したプラモデル)を配布。製作から回収までを体験してもらうことで、「ガンダム」、「ガンプラ」を通じてリサイクルへの関心を高める活動などを行い、年間目標回収量を上回る11トンを超えるランナーを回収することができたと発表しました。2年目を迎える今年度は、年間目標回収量を15トンと設定し、今後も「ガンプラリサイクルプロジェクト」を通じて、循環型社会の形成に貢献していくとのこと。

 

「ガンプラ」のランナーをリサイクルするプロジェクト「ガンプラリサイクルプロジェクト」とは

バンダイナムコグループ4社(※)共同企画として、ガンプラのランナーを回収し、最先端技術である「ケミカルリサイクル」によって新たなプラモデル製品へと生まれ変わらせ、ファンとともに循環型社会の形成に貢献していくことを目指したプロジェクトを、2021年4月よりスタート。

※バンダイナムコグループ4社:バンダイナムコホールディングス、BANDAI SPIRITS、バンダイナムコアミューズメント、バンダイロジパル

 

集まったランナーは、プラモデルで主に用いられているプラスチックのポリスチレンを化学的に分解し、ポリスチレンの原料であるスチレンモノマーに戻す最先端の「ケミカルリサイクル」技術の実証実験に活用。なお、すでに、使用済みのプラスチックを破砕・溶融・固形化して再利用を行う「マテリアルリサイクル」によりプラモデルとして再活用を始めているほか、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用する「サーマルリサイクル」により発生した電力を「ガンプラ」の生産工場「バンダイホビーセンター」へ供給しています。

 

(C)創通・サンライズ

関連情報

 

関連記事

上に戻る