2015年の玩具販売金額、6%増加―販売金額トップ3は『妖怪ウォッチ』、『それいけ!アンパンマン』、『仮面ライダー』シリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

調査会社のジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンが、2015年の玩具販売動向を発表しました。

※テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュア等)、雑貨等を除いた純玩具

 

それによれば、「2015年の玩具販売金額は前年より6%増加。上半期は同9%増、下半期は4%増」となり「クリスマス商戦は12月20日(日)と12月23日(水・祝日)がピーク。商戦は前年より後ろ倒しに」なっているとのこと。

 

玩具販売はプラス成長が継続し、2015年の販売金額は前年比6%増。上半期だけでも同9%増で、『妖怪ウォッチ』関連製品のほか、『ファンルーム』『アクアビーズ』といった女児ホビー製品の伸びが寄与したのだそうです。

 

img_88693_1

 

下半期は前年大ヒットした『妖怪ウォッチ』販売時期と重なるために、前年比としては落ち込む懸念があったものの、基礎玩具や女児玩具が市場を底上げ。同4%増となりました。

 

これには、『レゴ』などのブロックや『それいけ!アンパンマン』関連、『メルちゃん』『シルバニアファミリー』『リカちゃん』などの定番製品のほか、編み物系玩具やヘアアレンジが出来る玩具など、新しいコンセプトの商品も下半期の成長を下支えしたとしています。

 

 

なお、キャラクター別販売金額のトップ3は、

 

『妖怪ウォッチ』
『それいけ!アンパンマン』
『仮面ライダー』シリーズ

 

となっており、2014年と2位と3位は入れ替わったものの顔ぶれは変わらず。『STAR WARS』に関しては、前年22位から一気に12位に躍進したとのことでした。

 

クリスマス商戦の時期については、終盤への短期集中と売れ筋の分散化が特徴的だったと同社は述べています。12月の週別販売金額前年比では、

 

第1週……前年に届かず
第2週……9%増
第3週……11%増
第4週……32%増

 

と、後半の伸びが顕著になっています。

 

img_88693_2

 

 

要因としては、暦上第4週のクリスマスイブまでの日数が前年より1日多かったことが挙げられ、実際に第3週の12月20日(日)と第4週の23日(水・祝)に購入のピークが二分されているとのこと。

 

また、売れ筋商品の傾向にも変化があり、販売金額トップ10商品の占有率が市場全体で前年12月の14%から9%へ、男児玩具に限っては33%から22%へ低下するなど分散傾向にあることも分かりました。同社では「クリスマスイブを迎える直前まで、プレゼント選びに翻弄する親の姿が垣間見える商戦であったとも言える」と分析しています。

 

 

<関連情報>

ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン

 

(c)GfK 2016


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery