映画『シン・ウルトラマン』のトレーディングフィギュアがAmazonで予約受付中!木下隆志氏がウルトラマンを、松村しのぶ氏が禍威獣の原型を担当!

Amazon.co.jpにて予約受付中の海洋堂の注目アイテム「海洋堂 miniQ シン・ウルトラマン ABS/PVC製 塗装済み 完成品 6個入 BOX」をご紹介!

※商品名、写真はAmazon.co.jpの販売ページのものです。
※記事内容は2022年5月2日時点のものです。記事公開後に変更になる場合がありますので、Amazonのサイトでご確認ください。
※記事本文では、記事作成時点で在庫があり、標準的な小売価格以下で販売されているアイテムのみを取り上げています。ただし、記事作成後または公開後に在庫切れとなる場合や、販売価格が変動する場合もあります。ご購入の際は十分ご確認ください。

 

海洋堂 miniQ シン・ウルトラマン ABS/PVC製 塗装済み 完成品 6個入 BOX

最高の原型でウルトラマンと禍威獣が対決! 企画・脚本を庵野秀明氏、樋口真嗣氏が監督を務める『シン・ゴジラ』ゆかりのスタッフにより、『ウルトラマン』の原点を見つめ直しながらも全く新しい形で現代に送り出す空想特撮映画『シン・ウルトラマン』のトレーディングフィギュアが海洋堂から登場。長年にわたってリアルなウルトラマンフィギュアの造形を突き詰めてきた木下隆志氏がウルトラマンを、そして生物造形の第一人者として知られる松村しのぶ氏が2体の禍威獣の原型を担当されています。しかも統一スケールで制作することで、2人のトップ造形師によるウルトラマンと禍威獣の対決という、かつてない貴重なアイテムとなりました。

 

 

ウルトラマン

庵野秀明氏が、ウルトラマン本来の美しさを描き出すため再構築した新デザイン。無駄をそぎ落とした筋肉質なプロポーションに、十字を組んだスペシウム光線の構えで、腹筋への力の入り具合までも絶妙に作りこんでいます。

 

ネロンガ

オリジナルでは普段は透明な身体をしており、角から電気を吸収するという設定の禍威獣。ヒダ状に盛り上がった背中と背びれ、細くなびいた角に加え、腹と四肢など身体の各部で質感の異なるウロコも丹念に彫り込み、生物としての存在感のある姿に作り上げました。

 

ガボラ (ヒレ閉)

オリジナルでは首元から伸びるヒレを閉じてドリルのように使い、地中に潜る能力を持つという設定の禍威獣。さらに回転して地中での行動を可能にする背中から尻尾にかけての渦巻き状の器官は、胴体と別パーツ化して実感を高めています。

 

ガボラ (ヒレ開)

首元のヒレを開いた姿。その内側の生々しい赤色と、奥に隠されていた骸骨のような顔が、禍々しい迫力を醸し出します。地中で擦れたダメージを再現したウロコや螺旋状器官の彩色も、禍威獣の生態を感じさせる仕上りです。

 

DATA

海洋堂 miniQ シン・ウルトラマン ABS/PVC製 塗装済み 完成品 6個入 BOX

  • 6個入
  • 材質:ポリ塩化ビニル
  • 原型:ネロンガ・ガボラ…松村しのぶ、ウルトラマン…木下隆志
  • 発売元:海洋堂(KAIYODO)
  • Amazon.co.jpでの販売価格:3,165円(税込)
  • Amazon.co.jpでの取り扱い開始日:2022年4月24日
  • 2022年6月30日発売予定

※写真は見本として制作したものであり、実際の製品とは異なる部分があります。

(C) 2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 (C) 円谷プロ

関連情報

 

関連記事

上に戻る