「ライトスコープドッグ」がデフォルメで手に入る! D-スタイル改造パーツ登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

合同会社えんどーの「ロボザムライ」レーベルより、「ライトスコープドッグ 改造パーツ」が登場!

 

ka_EnSCTC_20160201_02

※写真は彩色見本です。実際の商品は単色レジン成形の組立キットとなります。

ka_EnSCTC_20160201_03

 

基本的に武装や装備が追加された機体が多いスコープドッグのバリエーションの中でも異彩を放つライトスコープドッグ。新型AT「エクルビス」」の機動力に対抗するため、あえて(ただでさえ充分ではない)装甲をさらにオミットするという一点突破なコンセプトに当時痺れたというファンも多いのではないでしょうか?

 

「ロボザムライ」の「ライトスコープドッグ 改造パーツ」では、そんなライトスコープドッグをデフォルメスタイルで再現します。

 

「改造パーツ」の名の通り、ベースとしてコトブキヤから発売中の「D‐スタイル スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 グレゴルー機&バイマン機&ムーザ機」が必要となります。

 

ka_vot_20140617_004

▲「D-スタイル スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 グレゴルー機&バイマン機&ムーザ機」。発売中、価格:3,800円(税抜)。多彩な武装が付属し、『レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』内で活躍したグレゴルー、バイマン、ムーザの機体のいずれかを再現することが可能な3in1キットです。

 

本キットにこの改造パーツを組み込むことで、OVA『ビッグバトル』に登場したライトスコープドッグが再現できるわけです。

 

ka_EnSCTC_20160201_05

ka_EnSCTC_20160201_04

 

左腕や脚部などの装甲を可能な限り廃したシルエットが特徴的なライトスコープドッグは元となるキットが再現しているターボカスタムとの違いも多数。特に下半身などは丸ごと交換となるため、パーツ数も中々のボリュームのキットです。

 

ka_EnSCTC_20160201_06
ka_EnSCTC_20160201_07
▲無塗装部分が「ライトスコープドッグ 改造パーツ」に含まれるパーツ類。左腕と下半身が丸ごと差し替わっているのがわかりますね。

 

もちろん「D‐スタイル」そのもののスタイリングとなっていますから、すでに「D‐スタイル」の「ターボカスタム」各機や「バーグラリードッグ」をお持ちの方は、並べてみると、各機の違いをより楽しめること間違いなし!

 

ka_EnSCTC_20160201_01
ka_vot_20140617_005
▲「ターボカスタム(グレゴルー機)」と、「ライトスコープドッグ」を較べると、そのシルエットの違いが際立ちますね。

 

さて、そんな本キットですが、2月7日開催のワンダーフェスティバル2016[冬]にて先行販売された後、「ロボザムライ」のウェブサイトで一般販売が行われるとのこと。まずは忘れず「D-スタイル スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 グレゴルー機&バイマン機&ムーザ機」を入手しておきましょう。

 

<DATA>

ライトスコープドッグ 改造パーツ

■組立式レジンキット

■価格:6,000円(税抜)

■2016年2月上旬発売

(2/7 のワンダーフェスティバル2016[冬]先行販売。一般販売は後日ロボザムライウェブショップにて販売開始予定)

■原型製作:遠藤 大

■発売・販売元:合同会社えんどー

※「D-スタイル スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 グレゴルー機&バイマン機&ムーザ機」(別売)が必要です。

 

<関連情報>

ボトムズWeb

ロボザムライ

コトブキヤ

 

 

 

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery