1996年の芦屋基地航空祭で披露された特別塗装機を再現した航空自衛隊の練習機「T-1A」が1/72プラモデルキットとなって登場!

国産の亜音速ジェット練習機「T-1A」が1/72プラスチックモデル組み立てキットとなってプラッツから2022年6月に発売されます! 1996年の芦屋基地航空祭に登場した特別塗装機です。

 

本製品は富士重工業が開発、エンジンにブリストル製オーフュースエンジンが採用された航空自衛隊の練習機「T-1A」の1/72スケールプラモデルです。全長168ミリ、低翼配置で後退翼の主翼をはじめ、各部のパネルラインなどをリアルに再現。コクピット内部や足のディテールまで精密に作られています。





 

1996年に芦屋基地航空祭で姿を披露した特別塗装機を再現。高品質なカルトグラフ製のデカールで、芦屋基地から望む玄界灘の荒波をイメージしたブルーのラインと、福岡の伝統行事に使われる「八朔の馬」が描かれます。





 

DATA

1/72 航空自衛隊 練習機 T-1A 1996年芦屋基地祭 特別塗装機 ‘八朔の馬’

  • プラモデル組み立てキット
  • 1/72スケール
  • 全長:約168mm
  • 発売元:プラッツ
  • 価格:3,080円(税込)
  • 2022年6月発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る