フェラーリ「Daytona SP3」がレゴ(R) テクニックに登場!流線的なデザインやステアリングホイールなど1/8スケールで完全再現!!

更新日:2022年8月15日 15:38

レゴジャパンから、スーパーカー好きなら誰もが憧れるフェラーリのDaytona SP3を完全再現した「レゴ(R) テクニック フェラーリ Daytona SP3」が登場! 2022年6月1日(水)より発売されます。

 

 

本セットは、フェラーリ Daytona SP3の肉感的なフォルムとシャープなラインが交錯するエレガントなデザインと、流線的なエアロダイナミクスを1/8スケールで再現したものです。フェラーリブランドの根幹をなすレーシングスピリットを表現するため、パドルシフト機能付き8速シーケンシャルギアボックス、動くピストンとシルバーにラッカー塗装されたリムが付属しているV12エンジンなどを備えています。さらに、バタフライ式のドアを開けると、跳ね馬のエンブレムが付いたステアリングホイールのあるコクピットが現れ、幻のモデル「Daytona SP3」を完全再現しています。

 

▲箱も印象的な赤色。

 

レゴテクニックは、経験豊富なレゴビルダーにも手応え十分な自動車や乗り物をモデルとし、変速機やステアリング装置など最新の本格機能がブロックで作れるシリーズです。本セットは、その第4弾となります。オーナーは、公式サイトの限定コンテンツを見ることで、より一層、組み立てに没頭することができます。

 

さらに、フェラーリとレゴグループは、スーパーカーファンのために、このモデルのデザインの舞台裏を、部数限定のハードカバーの大型本で紹介! 本書は、両ブランドを結びつける革新性と卓越したエンジニアリングを深く掘り下げ、コンセプトの立案、設計、製作の共同作業に迫る内容となっており、レゴグループとフェラーリのデザイナーによるインタビューや、レゴグループ3代目オーナーのキエルト・カーク・クリスチャンセンがこのモデルが彼にとって何故それほど重要なのかについて語っています。「LEGO Technic Daytona SP3, The Sense of Perfection」(英語版のみ)は、2022年6月1日より全世界のLEGO.comにて5000部限定で発売されます。

 

レゴグループ CEO・Niels B. Christiansen(ニールス・B・クリスチャンセン)氏のコメント

このモデルは、フェラーリとレゴグループの理念の中核にある、卓越性の追求の証しです。私自身、エンジニアリングのバックグラウンドを持つ者として、このような小さなスケールで細部までこだわり、精密に作られたモデルには圧倒されます。フェラーリとのパートナーシップにより、ファンの皆さまがこの新しいセットで、卓越したレースの例を実際に作り、夢を現実のものにするお手伝いができることを大変嬉しく思っています。

 

フェラーリ社 チーフ デザイン オフィサー Flavio Manzoni(フラビオ・マンツォーニ)氏のコメント

フェラーリの限定車「Daytona SP3」を見事に再現したこのモデルで、レゴグループとコラボレーションできたことは、大きな喜びです。レゴのエレメントを使ったこの素晴らしい再現のおかげで、フェラーリとレゴブロックのファンは、この車をひとつひとつ組み立てて、まるで自分が組み立て工程に参加しているような気分になることができ、完成したモデルはご自宅に飾って、その美しさを堪能していただけることでしょう。

 

DATA

レゴ(R) テクニック フェラーリ Daytona SP3

  • 製品番号:42143
  • サイズ:完成時…高さ約14cm×長さ約59cm×幅25cm
  • 対象年齢:18歳以上
  • ピース数:3,778個
  • 発売元:レゴジャパン
  • 価格:47,980円(税込)
  • 2022年6月1日(水)発売予定
  • 販売店舗:レゴ公式オンラインストア、全国のレゴブランドストア、およびレゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店、レゴランド・ジャパン・リゾート レゴランド・ディスカバリー・センター東京、レゴランド・ディスカバリー・センター大阪

 

大人もハマる「大人レゴ」

レゴジャパンは大人たちが現実から離れ、自分だけの趣味の時間を楽しむためのコンテンツとして、さまざまな大人の趣味にあわせた「大人レゴ」を提供することで、童心に返って楽しむマインドフルネスな時間を創出しています。大人向けのレゴ商品は、豊富な商品知識をもつスタッフが案内するレゴブランドストアをはじめ、全国のレゴ商品取り扱い店舗で発売中です。

 

LEGO, the LEGO logo and the Minifigure are trademarks of the LEGO Group. (C)2022 The LEGO Group.

関連情報

 

関連記事

上に戻る