「不知火 伊隅ヴァルキリーズ仕様」登場。12人の戦乙女”伊隅ヴァルキリーズ”が駆る不知火が、オプション特盛でキット化!

更新日:2019年3月25日 16:04
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

日本帝国初の純国産機にして、第三世代戦術機の嚆矢となった戦術機「不知火」。今回発売されるキットは、衛士がほぼ全て女性で構成される国連軍特殊任務部隊A-01第9中隊・通称”伊隅ヴァルキリーズ”仕様の不知火です。

 

01KP416_isumiV13

 

キットには「87式突撃砲」と「74式近接戦闘長刀」、「92式多目的自律誘導弾システム」と「レーダーコンテナ」が付属し、87式突撃砲は支援砲への組み替えも可能。つまり、装備の組み合わせで「突撃前衛仕様」・「強襲前衛仕様」・「打撃支援仕様」・「砲撃支援仕様」・「制圧支援仕様」の全仕様が再現できるのです!

 

02KP416_isumiV1

▲両手に突撃砲、背部に2振りのブレードを装備した強襲前衛(ストライク・バンガード)仕様

 

03KP416_isumiV12

▲支援突撃砲と長刀を装備する砲撃支援(インパクト・ガード)仕様

 

04KP416_isumiV9

▲92式多目的自律誘導弾システムを両肩に載せた制圧支援(ブラスト・ガード)仕様

 

05KP416_isumiV10

▲92式多目的自律誘導弾システムはこのように展開が可能です。

 

06KP416_isumiV11

▲展開中の誘導弾システムを上面から見たところ。

 

87式突撃砲と74式近接戦闘長刀は、4月発売予定の『武御雷 Type-00F 篁唯依機 Ver.1.5』に付属するものと同じで、検証によって形状が劇中のものにより近くなっています。また、突撃砲は弾倉2種の取り外しも可能。そしてもちろん、”伊隅ヴァルキリーズ”所属機を再現できる各種デカールも付属します。これはもう、あの「国連軍横浜基地防衛戦」を再現しなければ!

 

 

<DATA>

不知火 伊隅ヴァルキリーズ仕様

■NONスケール プラモデル
■原型製作:丸家 裕之介、桑村 祐一、千葉 翔平
■全高:約180mm
■パーツ数:約400個
■可動箇所数:約40箇所
■発売日:2016年6月発売予定
■価格:6,800円(税抜)
■発売元:コトブキヤ

 

<関連情報>

コトブキヤ 公式サイト

不知火 伊隅ヴァルキリーズ仕様 コトブキヤ製品ページ

不知火 伊隅ヴァルキリーズ仕様 コトブキヤオンラインショップ

マブラヴ オルタネイティヴ 公式サイト

マブラヴ ポータルサイト

マブラヴ オルタネイティヴ | 月刊コミック電撃大王公式サイト

 

<関連電撃ホビーWEB記事>

「武御雷 Type-00F 篁唯依機 Ver.1.5」 『マブラヴ』の戦術歩行戦闘機「武御雷 篁唯依機」が、Ver.1.5としてリリース

 

(C) 2003 ACID / (C) 2016 ixtl All rights reserved.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery