リアルとバーチャルが連動した未来体験!バンダイナムコホールディングスが2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)「ガンダムパビリオン(仮称)」の構想概要を発表!

バンダイナムコホールディングスは、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)にパビリオンを出展! 今回、そのパビリオンの出展構想概要が公開されました。

 

▲「ガンダムパビリオン(仮称)」キービジュアル

 

バンダイナムコグループは、パーパス「Fun for All into the Future」を掲げ、IP(※)を軸とし、世界中のIPファン、あらゆるパートナー、グループ社員、そして社会とつながる姿を目指しています。

※Intellectual Property:キャラクターなどの知的財産

 

今回の2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)では、バンダイナムコグループの自社IPである『機動戦士ガンダム』を軸に、「もうひとつの宇宙世紀」を舞台に、未来社会の課題解決に向けた壮大な実証実験を行う「ガンダムパビリオン(仮称)」が出展されます。

 

『機動戦士ガンダム』は、1979年のTVアニメーション放送から40年以上にわたり映像作品や商品・サービスなどを通じてファンとつながり続けることで、IPの価値を向上させてきました。また、『機動戦士ガンダム』を通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION (GUDA)」を立ち上げるなど、IPからSP(社会的アイコン)への成長を目指し、さまざまな社会的課題への取り組みを行っています。

 

今後は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の成功に向けて、『ガンダムパビリオン(仮称)』の具体化および準備を進めていくとのことです!

 

「ガンダムパビリオン(仮称)」構想概要

  • 未来社会の課題解決に向けた実証実験
  • 人と人のつながりによる「共創」の実現
  • 『機動戦士ガンダム』が示す未来の可能性
  • リアルとバーチャルが連動した未来体験

 

※本記事の情報は、発表日現在のものです。発表後予告なく内容が変更されることがあります。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る