ガシャポンより『ガンダム』新アイテム!フレームから機体を創りあげる『フレームオペレーション』登場!

ガンダムエキスパンド、モビルディスクと怒濤の攻勢が続くバンダイベンダー事業部に、新たなシリーズが登場します。その名も『フレームオペレーション』!

 

共通規格のPE製フレームに、モビルスーツの武器や装甲をセットして組み立てる、新機軸の可動フィギュアです。本商品のポイントとなる共通フレームは、可動ポイントも多く、表情も付けやすい完成度の高いモノ。装甲や武器は一部着彩済みで、組み立てるだけでも雰囲気抜群。

 

第1弾には『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』からそれぞれ2機体がラインナップされます。それでは、早速アイテムをチェックしていきましょう!

 

1

2
これがすべての基本となるフレーム。フレームだけでも首、肩、肘、腰、脚の付け根に可動を持ち、機体となったあとは脚首も可動。シールドやバックパックを想定した長い軸も用意されています。

 

3

4
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、アムロ最後の機体νガンダム。ビーム・ライフル、シールド、νハイパー・バズーカ、フィン・ファンネルと武装は大充実。フィン・ファンネルのモールドなどはかなり精細。カメラアイに入っているモールドも独特ですね。

 

5

6
同じく『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、シャアが決戦に備えて作らせたサザビー。こちらもビーム・ショット・ライフル、ビーム・トマホーク、シールドと武装多め。シールドや腰にはエンブレムもプリントされます。左右どちらの手でも武器が保持できるのは小さいながら嬉しいポイントです。

 

7

8
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、三日月のガンダムバルバトス。メイスを持った第4形態でのエントリーとなっています。やはり設定のガンダムフレームと”フレーム”という本商品使用との相性は抜群で、独特のプロポーションも堂に入ったものに。組み替えとの親和性も抜群!

 

9

10
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、グレイズ(一般機)。武器はアックスと、背面にはバックパックを装備。フレームオペレーションの素体は量産型の木訥とした表情とも相性が良さそうです。

 

11

12

13
バルバトスにはこのボーナスパーツが付属。そしてこれを使えば……。

 

14

15
バルバトスを第1形態に変更! また、グレイズとバルバトスを組み合わせたまったく新しいモビルスーツを作り出すこともできます。これはなかなか組み替え遊びがはかどりそうな……!

 

さまざまな可能性を感じさせる新アイテム、フレームオペレーション。電ホビでは、発売直前レビューも企画しておりますので、ぜひご期待ください!

 

 

<DATA>
機動戦士ガンダム フレームオペレーション

  • 彩色済み組み立てフィギュア1セット
  • 3月下旬発売予定予定
  • 1カプセル400円
  • 発売元:バンダイベンダー事業部

 

<関連情報>

(C)創通・サンライズ

上に戻る