巨大陸上巡洋艦の脅威が迫る!シャルンホルスト砲塔を搭載した幻のドイツ軍超巨大戦車「P1000 ラーテ」が1/72スケールで大型キット化!!

第二次世界大戦中にドイツで設計され、建造が計画された超巨大戦車である陸上巡洋艦「P1000ラーテ」が1/72スケールキット化! 海外メーカー・モデルコレクト(R)製のアイテムで、2022年の9月にプラッツより国内販売予定です!

 

このキットでは「P1000ラーテ」の、シャルンホルスト級戦艦の主砲である28cm3連装砲を搭載したタイプを再現、FLAK38四連装砲2門、探照灯2機が車体後部エリアに取り付けられています。

 

3連装砲の砲身は、それぞれ独立して俯仰角がつけられます。

 

3重装軌式の履帯は柔軟樹脂使用でスナップフィットの可動式。サスペンションはスプリングで可動します。

 

追加艤装は探照灯2機と4連装FLAK38が2門付属。配置位置は自由に選択可能です。また車体上部の手すり、またシャルンホスト砲塔上部に設置できる高射砲ベース部品も付属します。

 

DATA

1/72 ドイツ軍 陸上巡洋艦 P.1000 ラーテ w/シャルンホルスト砲塔 1945年 限定版

  • プラモデル
  • 1/72スケール
  • 発売元:モデルコレクト(R)
  • 販売元:プラッツ
  • 価格:18,150円(税込)
  • 2022年9月発売予定

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。
 

関連情報

 

関連記事

上に戻る