『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『鉄血のオルフェンズ』に加え、 ユニーク枠は『ガンドランダー』! ガシャポン戦士DASH05、彩色見本!

絶賛発売中の「ガシャポン戦士DASH05」、その彩色見本が到着。今までのアイテムと組み合わせることでより楽しい『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の機体、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』より登場したモビルスーツ前夜のモビルワーカー、そしてユニーク枠の『ガンドランダー』。どれも見逃せない機体となっています。

 

1

2『ガンドランダー』より登場した、スペリオルランダー。爆王剣とシールドはもちろん付属。冷却コードと頭部を分離し、可動を重視した構造となっています。複雑な塗装も高いレベルで再現され、非常にカラフルな仕上がり。

 

3

4『鉄血のオルフェンズ』のガンダムキマリス。全身のパープルは成型色を活かした落ち着いた風合い。曲面主体の本体と、バインダー周辺の機械造形のコントラストが美しいです。武装は長大なランス、グングニールが付属。

 

5

6

7グレイズ(アーレス所属指揮官機)。濃紺のカラーリングが美しいです。頭部には角が生え、宙間戦闘用のバックパックを装備。頭部センサーは開状態として、単眼のような内部メカを剥き出しにもできます。

 

8

9

10ろ獲したガンダムグシオンをバルバトスの予備パーツでパワーアップさせた、ガンダムグシオンリベイク。グシオンの装甲をそのまま使っているシールドは、腰部にマウントも可能です。グレイズ(アーレス隊所属機)の腕を副腕として取り付けもできます。もちろん、前弾の一般機や、いっそほかの機体の腕でもオーケー!

 

11

12

13モビルスーツ直前の機体となるモビルワーカー。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第2話で見せた勇姿です。肩部の黄色と黒の危険表示色も彩色でしっかり再現。クローは開閉機構が付いています。

 

14

15オレンジのマッシュ機に続き、青のラル機。こちらも危険表示色はしっかり再現されています。頭部ヘルメットを取り外して、モノアイ部分を回転させれば表情を付けることが可能です。

 

発売直後となるコチラのアイテム、特に『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のラインはシリーズを通してのギミックが効いているので、第4弾に引き続き今回もしっかり揃えておきたいところです。あわせて、「ガシャポン戦士DASHプレミア03」も発表となっていますので、こちらの記事もぜひチェックを!

(⇒『SD戦国伝』が大充実!サムライとニンジャが揃い風雲急を告げる「ガシャポン戦士DASHプレミア03」!

 

 

DATA

ガシャポン戦士DASH05
■全6種
■彩色済みPVCフィギュア
■2016年2月発売
■価格:300円/1回(税込)
■発売元:バンダイベンダー事業部

 

関連情報

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS

上に戻る