「エルドスピーネ 赫奕たる異端Ver.」がウェーブより1/24スケールレジンキットで登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

ウェーブより、OVA『装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端』に登場したマーティアルのAT、X・ATH‐11 エルドスピーネが1/24スケールのカラーレジンキットで登場します。

 

ka_erdspn_20160302_001@

※写真は開発中のものです。実際の商品とは異なる場合があります。

 

原型は昨年発売された「オーデルバックラー」と同じく岬 光彰氏。電撃ホビーマガジンでの連載「すくすくスクラッチ」や、単行本「ガンダム スクラッチ ビルド マニュアル2」など、その精度の高い工作技術は電ホビ読者には馴染み深いと思います。

(関連記事はこちら⇒すくすくスクラッチ(関連記事電撃ホビーウェブ版):自作の手動旋盤を使ってプロペラントタンクを自作する。

 

ka_erdspn_20160302_002@

▲オーデルバックラーのベースとなった本機だけに共通する意匠が多い両機。同じ原型師がそれぞれの造形を担当することで、AT開発の系譜がより鮮明に表現されています。

 

ウェーブからは以前OVA『孤影再び』版「エルドスピーネ」も発売されていましたが、今回の「エルドスピーネ」は完全新規造形となっています。左肩基部に装備したザイルスパイドが生み出す独特の左右非対称のシルエットや、脚部の大型のグライディングホイールなど、本機の特徴を余すところなく立体化!

 

ka_erdspn_20160302_003@

 

ka_erdspn_20160302_008@

▲歯車が組み合わさったかのような独特の構造をもつ頭部カメラも精密再現。

 

聖地アレギウムでの戦いでは、ザイルスパイドを用いた立体的な機動でキリコのバーグラリードッグを阻止すべく奮闘した姿が印象的な本機。もちろんキットでもこのザイルスパイドのギミックはキチンと再現されています。

 

▲ザイル

▲差し替えなしでザイルスパイドを前方に指向することができます。

ka_erdspn_20160302_010@

▲金属線でザイルスパイド射出状態を再現。

 

このほか、おなじみのアームパンチギミックももちろん再現されている他、ポリキャップを使用したフルアクション仕様、カラーレジン3色成形としたことで設定カラーをほぼ再現しているなど、ウェーブのレジンキットらしく高いバリューを持つアイテムに仕上がっています。

 

ka_erdspn_20160302_007@

ka_erdspn_20160302_006@

▲アームパンチのギミックにはマグネットを使用。小気味良いアクションが楽しめるとのこと。

ka_erdspn_20160302_009@

▲成形色を活かし部分塗装で仕上げたモデル(左)と、原型担当の岬氏による全塗装作例。簡単仕上げでも十分な仕上がりとなっているのがわかります。

 

バーグラリードッグが1/24スケールでレジンキット化されることも発表されていますから、ぜひこの機会に名原型師が手がけた「エルドスピーネ」もゲットしてくださいね。ウェーブの通販サイト・ビージェイ限定販売で、4月28日23時59分までの予約受付ですので、予約をお忘れなく!

 

DATA

エルドスピーネ【赫奕たる異端Ver.】

  • 1/24スケールカラーレジンキット
  • 全高:約185ミリ
  • 6月発売予定(4月28日23時59分まで予約受付中)
  • 価格:33,000円(税抜)
  • 原型製作:岬 光彰
  • 発売元:ウェーブ

 

関連情報

ボトムズWeb

ウェーブ

ウェーブプレミアムモデルニュース

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery