『仮面ライダーギーツ』第7話&第8話のオーディオコメンタリーが配信開始!桜井景和役の佐藤瑠雅さん・仮面ライダータイクーンスーツアクターの永徳さんが出演

東映特撮ファンクラブ(TTFC)で独占配信中の、『仮面ライダーギーツ』オーディオコメンタリー(副音声)バージョン。桜井景和/仮面ライダータイクーンにスポットが当たる第7話&第8話では、景和役を演じる佐藤瑠雅さんが登場! 2022年10月23日(日)10時から配信開始となります!

 

第7話「邂逅Ⅵ:ラスボスと缶けり」は、佐藤瑠雅さんと仮面ライダータイクーンを演じる永徳さんという、変身前と変身後を演じる2人によるコメンタリー。お互いの第一印象やアクション練習、2人でキャラクターを作り上げていく作業や、同話にて景和が初めて見せる“本気の変身”についてなど、仮面ライダーならではのキャラクター創作秘話が語られます。

お蕎麦屋さんロケのエピソードから、なぜか好きなお蕎麦に話題が移ったり、永徳さんが景和の姉・沙羅役を演じる志田音々さんと共演の多い佐藤さんに嫉妬したり(笑)と、和やかな雰囲気で進行した模様。現場では「スーパーハイテンションコンビ」と呼ばれているという、2人の関係性が垣間見えるやりとりは要チェックです。

 

オーディオコメンタリー(副音声)出演者

  • 佐藤瑠雅(桜井景和役)
  • 永徳(仮面ライダータイクーン スーツアクター)
  • 司会進行:吉川史樹(プロデューサー補)

 

第8話「邂逅Ⅶ:切り札ニンジャ」では、永徳さんを司会進行役に迎え、オーディオコメンタリー初出演の上堀内佳寿也監督が登場。「楽しみにしていた」「楽しく撮れた」という上堀内監督は、『ギーツ』の世界観を客観的な目線でとらえ、パイロット監督を務めた中澤祥次郎監督の意図を解説。また監督が佐藤さんへ、撮影現場では聞くことができなかった役者の心理について質問する場面もあるとのこと。

そして、景和が消滅するという衝撃のラストシーンでは、佐藤さんと永徳さんからファンに向けてのメッセージも。オーディオコメンタリーならではの、“作り手目線”の面白さが堪能できる回となっています。

 

オーディオコメンタリー(副音声)出演者

  • 上堀内佳寿也(監督)
  • 佐藤瑠雅(桜井景和役)
  • 司会進行:永徳(仮面ライダータイクーン スーツアクター)

 

(C)2022 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

関連情報

 

関連記事

上に戻る