11月18日から「クリエイターズグリコ展」が池袋で開催!グリコのおもちゃ約500点が展示&堀井雄二氏らが登壇するトークショーも実施!!

2022年11月18日(金)から20日(日)までの3日間、池袋のサンシャインシティ「噴水広場」にて「クリエイターズグリコ展」が開催!

 

本展は、日本を代表するクリエイター10名がデザインした“おもちゃ”が入った江崎グリコの特別商品「クリエイターズグリコ」の発売に先立ち開催するもので、発売前のクリエイターズグリコのおもちゃ10点とともに、大正時代から現在に至るおもちゃ約500点が展示されます。入場料は無料で、期間中にはゲーム大会なども開催予定です。

 

 

日本を代表するクリエイターがおもちゃをデザイン!

特別商品「クリエイターズグリコ」は栄養菓子「グリコ」100周年記念の特別商品で、2022年11月22日(火)から数量限定で全国販売されます。同商品は従来のグリコーゲンに加え、健康素材としても注目されるカカオとアーモンドを練りこんだ特別な「キャラメル」と、日本を代表するクリエイターがデザインした特別な「おもちゃ」がセットになった商品です。参加クリエイターは、大童澄瞳氏(漫画家)、隈研吾氏(建築家)、坂井直樹氏(コンセプター)、タツナミシュウイチ氏(プロクラフター)、長坂真護氏(美術家)、根津孝太氏(クリエイティブコミュニケーター、デザイナー)、日野晃博氏(ゲームクリエイター、脚本家)、ヒョーゴノスケ氏(イラストレーター)、堀井雄二氏(ゲームデザイナー)、増田セバスチャン氏(アーティスト)の10名で、「心の中にあるグリコ」をデザインし、それを世界的なフィギュアメーカー・海洋堂が造形製作しました。

 

 

大正時代から現代まで!おもちゃ約500点を公開!!

「クリエイターズグリコ展」は、2022年11月18日(金)から20日(日)までの3日間、池袋のサンシャインシティ「噴水広場」で開催されます。栄養菓子「グリコ」は今年で100周年を迎え、今までに製作されてきたおもちゃの総数は約3万種類55億個にのぼります。今回、過去100年間のおもちゃの中の約500点を時代ごとに展示し、グリコのおもちゃのルーツである「絵カード」など、時代ごとの状況が反映された珍しいおもちゃを観ることができます。

 

イベント①

開催初日の「オープニングセレモニー」として、ゲームデザイナー・堀井雄二氏など参加クリエイターの方を招き「トークショー」が行われます。その様子はYouTubeの「Glico Japan 江崎グリコ公式」でライブ中継される予定です。

 

イベント②

期間中はミニイベントとして「クイズ大会」と「じゃんけん大会」が行われます。景品として「江崎グリコのお菓子の詰めあわせ」や「クリエイターズグリコ」がもらえますよ。

 

DATA

クリエイターズグリコ展

  • 開催日時:
    2022年11月18日(金)13時~20時
    2022年11月19日(土)10時~20時
    2022年11月20日(日)10時~20時
  • 会場:サンシャインシティ 屋内イベントスペース「噴水広場」(東京都豊島区東池袋 3-1-3 アルパ B1)
  • 観覧:入場無料

 

トークショー

  • 日時:2022年11月18日(金)11時~12時
  • 登壇:クリエイターの方々(ゲームデザイナー・堀井雄二氏など)
  • 内容:クリエイターズトーク

 

クイズ大会

  • 日程:
    2022年11月18日(金)14時、16時
    2022年11月19日(土)11時、14時
    2022年11月20日(日)11時、14時
  • 景品:各回で10名に江崎グリコのお菓子の詰めあわせ

※「クイズ大会」は携帯電話端末・タブレット端末などをお持ちであればどなたでも参加できます。

 

じゃんけん大会

  • 日程:
    2022年11月19日(土)16時
    2022年11月20日(日)16時
  • 景品:優勝者と準優勝者に「クリエイターズグリコ」

※「じゃんけん大会」はコミュニティサイト「with Glico」への登録ならびに江崎グリコ公式のLINEお友だち追加が必要です(現地で登録可/詳しくは当日現地スタッフが案内)。

 

スマホで楽しめる「クリエイターズグリコ」~クリエイターズグリコのおもちゃ10種がスマホやタブレット上で楽しめる~

「クリエイターズグリコ」の発売に合わせ、AR(拡張現実)を活用し、スマートフォンやタブレット上でおもちゃ10種を鑑賞できる無償サービスも同時展開。サービス利用に特別なアプリケーションのダウンロードや事前設定などは不要で、スマートフォンやタブレット端末から、QRコードを読みこむだけで、おもちゃを上下左右360度から楽しむことができます。2022年12月31日まで公開予定です。

 

江崎グリコの原点・栄養菓子「グリコ」~江崎グリコが「おまけ」と呼ばず、「おもちゃ」と呼ぶ理由~

1919年(大正8年)、創業者・江崎利一は、故郷の佐賀県で、栄養素グリコーゲンに出会います。当初はグリコーゲンを“薬”として売り出そうとしました。しかし、「これからは治療より予防が大切」との考えから、それを健康増進のために活用することを決めます。グリコーゲンをお菓子に仲介させ、子どもをはじめ多くの人に届けることで、国民の健康に役立てることができると考えました。そこでキャラメルにグリコーゲンを練り込んだ栄養菓子「グリコ」を発売しました。発売後、この商品は“大きな発展”を遂げます。創業者は健康には“身体”と“心”の両方が必要であり、子どもにとってそれは“食べること”と“遊ぶこと”であると考えました。そこで生まれたのが「キャラメル」に「おもちゃ」が加わった「おもちゃ付きグリコ」でした。「お菓子を食べること」も「おもちゃで遊ぶこと」も、この商品にとっては両方ともが“主役”であるため、当社では「おもちゃ」と呼ぶことにこだわり続けてきました。当社の原点・栄養菓子「グリコ」が目指した「子どもの心身の健やかな成長」への想いとその実践は、今もなお続いています。

 

関連情報

 

関連記事

上に戻る