【第53回静岡ホビーショー】ハセガワ

更新日:2014年5月21日 15:37

ka_hs_hasegawa_20140515_012

ハセガワブースでは、ウォーターライン最新作「赤城」が目玉として展示されていたほか、ロシア空軍の最新鋭機「Su-35S」のランナーが展示されていました。また『マクロス』『エースコンバット』シリーズの新作キットなど、飛行機模型を得意とする同社ならではのラインナップとなっています。

 

 

ka_hs_hasegawa_20140515_001

▲「日本航空母艦 赤城(完全リニューアル)」。1/700スケールプラスチックキット、価格:2,800円(税抜)。最新の技術と考証でWL赤城を完全リニューアル。デカールは1941年時のもののほか、ミッドウェー海戦時の甲板用日の丸も付属。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_002

▲「航空母艦 赤城用 木製甲板」。価格:3,600円(税抜)。上の赤城専用の甲板用シートも同時発売されます。昇降エレベータや遮風柵、制動索などのエッチングも付属。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_005

▲『Su-35S フランカー』。 1/72スケールプラスチックキット、7月下旬発売予定、価格:3,600円(税抜)。ロシア空軍で配備が進む最新型のフランカーを立体化。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_004

▲「たまごひこーき MV-22 オスプレイ」。ノンスケールプラスチックキット、5月下旬発売予定、価格:1,400円(税抜)。世界初の実用ティルトローター機をデフォルメして可愛く再現。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_006

▲「RVF-25 メサイア“マクロスF”」。1/72スケールプラスチックキット、7月上旬発売予定、価格:3,200円(税抜)。ロートドーム、大型アンテナおよび頭部を新規パーツで追加。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_008

ka_hs_hasegawa_20140515_007

▲「VF-1J スーパーバルキリー “マックス/ミリア” w/反応弾」。1/48スケールプラスチックキット、価格:6,200円(税抜)。マックス機がミリア機を選択式。反応弾とパイロンを新規部品で追加。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_009

▲「エースコンバット 震電II “リッジバックス隊”」。1/72スケールプラスチックキット、6月上旬発売予定、価格:3,600円(税抜)。ゲーム『エースコンバット インフィニティ』登場機。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_010

▲「F-14A トムキャット“エースコンバット ラーズグリーズ隊”」(仮称)。1/72スケールプラスチックキット、7月上旬発売予定、価格:4,600円(税抜)。『エースコンバット』に登場する漆黒の機体を立体化。デカール付属。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_011

▲「Su-33 フランカーD“エースコンバット シュトリゴン隊”」(仮称)。1/72スケールプラスチックキット、価格:4,200円(税抜)。「エースコンバット」よりライバルエース所属機をキット化。

 

ka_hs_hasegawa_20140515_013

▲「弁天丸」。1/1300スケールプラスチックキット、6月発売予定、価格:3,000円(税抜)。劇場版に登場した弁天丸を再現するため新規パーツを追加。

 

<関連情報>

ハセガワ

上に戻る